日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Blogs
達成日本発

「モフリン」うさぎを思わせるモフモフ感。カワイイ! AIロボ

KS Navi編集部
KS Navi編集部

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

うさぎを思わせるモフモフ感。カワイイ! ほしい! いやされたい!
これだけでプレッジするのには十分すぎました。
大学時代に人力飛行機の開発をしていた技術者が提案している、というのもなんだかロマンチック。
AIで「自分の感情」を進化させながら、鳴き声や動きで伝えてくれるそうです。
巣箱のような充電器で「眠っている」あいだも、かすかに鳴いたり動いたりする…らしい。
届くのが待ち遠しいです。またレポートします(JJ)

5月9日現在、まだモフリンは届きません。が、作り手の山中さんにお会いして「もふりん誕生の秘密」について、いろいろお話をお聞きできました。そのとき連れてこられたモフリンは、大勢の人に会っているせいか、ちょっと感じやすいコでしたー! インタビュー動画は、下のリンクから!
山中さんのメッセージ動画☝に日本語字幕もつけてみました。「うちのコ」が届くのがますます楽しみです!(JJ)

[インタビュー動画付き]世界から6000万円以上を調達! ペット型AIロボット「もふりん」開発者が語る“誕生の秘密”

選んだリワード

¥41,800 以上のプレッジ
シルバーの「モフリン」1体

Kickstarter Special Price
All-In-One Special Package. Let’s grow it in our own way!
-MOFLIN (Silver) x 1
-Original charger x 1
-AC Adapter x 1

このリワードを選んだワケ:
とにかく1匹ほしかった!
ブラウンもあったけど、絶対にシルバーが好み。

プロジェクトのストーリー(ダイジェスト)




MOFLINは、まったく新しいコンセプトのAIペットです。生きた動物のように進化する感情を持っています。温かみのある柔らかな毛並み、可愛らしい鳴き声、愛らしい動きなど、いつまでも愛していたくなるような魅力を持っています。私たちは、自然からインスピレーションを得たアプローチによって、独自のアルゴリズムを開発しました。これにより、MOFLINは常に飼い主との相互作用を用いてパターンを決定し、センサーから得られる周囲の環境を評価することで、学習し成長していきます。MOFLINは、無数にある動きと音のパターンの組み合わせから選んで反応し、自分の気持ちを表現します。わかりやすく言うと、生きているペットと対話しているような感覚です。

感情を持ったかわいいAIペットは、子どもや大人といった特定の年齢層だけでなく、愛すべきペットからの慰めや癒しを必要とする日常的なシーンも想定対象にしています。初期のコンセプトモデルでは、オンラインでソフトウェアをアップデートするなどの機能は搭載されていませんが、今回のKickstarterキャンペーンの成功を受けて、最終的には人々の生活に役立つ様々なサービスや機能を提供できるように開発を進めていく予定です。

テクノロジー

MOFLINは、内部の感情マップで自らの感情を表現できるようにしたり、センサーで環境の変化を分析するアルゴリズムを構築したりすることで、より生きた動物に近い状態にすることができました。MOFLINは、かわいい音と動きで感情を表現します。その性格は、周囲の環境や飼い主の接し方によって変わります。つまり、自分だけの個性を持った進化していくAIペットです。私たちは、コンセプトを実現し、日常生活を向上させるテクノロジーには、感動的な価値があると考えています。今回のKickstarterキャンペーンでは、私たちのエンジニアリング能力を活用して、支援者に最高のユーザー体験を提供したいと考えています。

仕様

シンプルなユーザーエクスペリエンスを追求しました。充電時は、鳥の巣のようなワイヤレス充電器を作り、そこにMOFLINを置くだけで充電が開始されます。MOFLINが完全に充電されると、自動的に充電が停止します。MOFLINが充電しながら眠っている間は、動物が眠っているようなかわいい音や小さなリアクションをしてくれます。この反応は、きっとあなたの心を癒してくれることでしょう。

ロードマップ

このプロジェクトは、ヴァンガード・インダストリーズと大手企業の研究開発部門とのパートナーシップによって成立しました。当初は、リアルでキュートでカワイイ、そしてパートナーにふさわしいものを作りたいと考えていました。 私たちは将来のビジョンを持って研究開発を続けました。MOFLINが実際に愛を感じ、人に愛を与えることは、さまざまなICT技術の応用や、日常生活のタッチポイントとして重要な要素であると考えました。これが、AIペットロボットを開発し続ける私たちの原点です。社内審査を経て、2019年11月、ポルトガルのリスボンで開催されたWeb SummitでMOFLINを発表しました。2020年7月には、コンセプトモデルのKickstarterキャンペーンを開始します。2021年3月に最初の製品を成功させることを目指しています。私たちは、MOFLINを皆様にお届けするために、ロードマップに沿って真摯に取り組んでいく予定です。

ロードマップ

初期のプロトタイプ

ウェブサミット2019

私たちは、MOFLINのコンセプトが社会にポジティブな影響を与えるように開発を続けていくことを目指しています。MOFLINは、コロナ禍という不確実な時代において、新しい価値観やライフスタイルを生み出すコミュニケーション・エージェントとなることで、Quality of Lifeを向上させることができると信じています。私たちは、MOFLINプロジェクトを通じて、より良い未来のためのソリューションを創造していきます。

今後の展開

チーム紹介

山中聖彦は、大阪府立大学で機械工学を学び、生産・サプライチェーンマネジメントを専攻しました。機械工学の修士号を取得後、日本IBM(旧IBMビジネス・コンサルティング・サービス)で経営コンサルタントとして勤務。2012年に起業し、新規事業の開発や大企業との合弁会社の設立など、さまざまな事業に取り組みました。2016年、大企業と戦略的に提携することで、イノベーションの実現と加速に取り組むヴァンガード・インダストリーズを設立。山中聖彦は子供の頃から物を作るのが好きで、大学時代には人力飛行機の開発に取り組み、修士課程では遺伝的アルゴリズムや進化計算を用いた生産システムやサプライチェーンマネジメントを研究していました。

株式会社ヴァンガード・インダストリーズ 代表取締役社長 プロジェクトリーダー 山中聖彦氏

VANGUARD INDUSTRIESは、イノベーションの実現と加速をミッションとして、2016年に東京で設立されました。私たちは、大企業や大学の研究開発部門と連携して、未来に良い影響を与えるアイデアや技術のプロトタイプを開発し、市場性を検証するベンチャービルダー事業を創出しています。私たちの強みは、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークなどの技術要素を組み合わせて、革新的なコンセプトを企画・実現することです。国内外の企業・団体の研究開発部門と一緒にプロジェクトを作ります。また、国際的な技術会議にも数多く参加し、コンセプトやビジネスの検証・開発を続けています。Kickstarterに関しては、以前に「PAGES/Chair」のキャンペーンを行いました。このキャンペーンは非常に成功し、『Architectural Digest』誌の「The Cleverest Awards 2019: 50 Products We Don’t Want to Live Without」にも選ばれました。その結果、某ホテルの公式家具として採用されることになったのです。当社は、シードラウンドとシリーズAの投資を獲得することができ、このプロジェクトとキャンペーンを次のマイルストーンと位置づけています。

ヴァンガード・インダストリーズ with PR & Video Production Team

MOFLINのコンセプトを実現するためには、AIソフトやメカトロニクスを駆使したハードウェアなど、さまざまな開発要素があります。そのため、これらの能力を持ったパートナーとの協業が重要になります。また、初期の試作段階でこれを実現するためには、アジャイル型の開発手法が重要です。日本のエンジニアリング企業として、プロトタイプを開発した後、パートナーと一緒に量産段階に移行します。このような日本のエンジニアリング体制のもと、Made in Japanのチームが一丸となって、高品質な製品をお届けします。

生産のためのエンジニアリング

私たちのプロジェクトを支援してくださる方々には、私たちの進捗状況をお伝えしますので、このエキサイティングな冒険に参加していただけることを願っています。

リスクと課題 1. 想定外のコスト
私たちは、この製品の開発を通して何度もテストを行い、一般に販売できる品質と基準を満たしたプロトタイプを完成させました。そのため、開発コストについては自信を持っていますが、現在の新型コロナウイルスの状況から、部品の調達については不確定要素があります。例えば、部品の価格やロット数が増加する可能性があります。当社は、パートナーやそのネットワークと協力して、調達リスクの安定化を図っています。

2. 製造工程の遅延
製造プロセスを通じて様々な課題と対応の可能性を検討し、それに応じた計画を立てています。しかし、現在の新型コロナウイルスの状況により、部品の納入が遅れた場合、製造スケジュールに影響を与える可能性があります。このリスクを最小限に抑えるために、私たちは非常に保守的なスケジュールを作成し、その結果、可能な限りスケジュール通りに進めるためのバッファを確保しました。

3. 納期の遅れ
調達に加えて、バッカーの皆様に製品を予定通りにお届けすることができないリスクが発生する可能性があります。日本国内だけでなく、日米間でも配送テストを行い、コストやフルフィルメントなどの配送方法を算出しました。しかし、現在の新型コロナウイルスの状況では、我々が考えていなかった問題が出てくる可能性もあります。しかし、皆様に安心して製品をお届けできるよう、問題が発生した場合には可能な限り対応していくつもりです。

Kickstarterの説明責任について詳しく知る

環境への取り組み
ぜひKickstarterの環境リソースセンターにアクセスして、Kickstarterがどのようにして持続可能なプロジェクトを促進しているか、その様子をチェックしてみてください。

長持ちするデザイン
MOFLINは、生きている動物の感情をモデリングに組み込んだAIロボットで、持ち主がその個性や進化を長く楽しめるように設計されています。全く新しいMOFLINに交換するのではなく、ソフトウェアのアップデートを行えるように設計されています。また、耐久性があり、日常的に人と接することに耐えられるように設計されています。

再利用可能性とリサイクル可能性
MOFLINの外側の毛皮は、家で外して洗うことができ、修理することもできます。また、電池の交換も可能です。

持続可能な材料
捨てるだけの素材ではなく、MOFLINで直接使えるグッズを含めたパッケージデザインを検討しています。

環境に優しい工場
国内の大手企業と提携し、製品の量産化や開発を進めています。エネルギー効率が高く、環境にやさしいことは、パートナーにとっても私たちにとっても重要です。これには、物流における低炭素化、効率的な開発・製造の構造とプロセスが含まれます。

持続可能な流通
私たちは、日本で製品を製造し、支援者の皆様にお届けします。その際、エネルギー効率の良い倉庫を利用し、燃料効率の良い配送方法で配送ルートを最適化します。


クリエイターについて
Vanguard Industries Inc.

Vanguard Industries Inc. is an innovation firm based in Tokyo, Japan. We are specialists in concept, solution, product, and experience design, while working with leading international businesses across various industries. We are committed to establishing systems to help society and achieve its growth.

作成したプロジェクト数:2
バックしたプロジェクト数:0

URL:
vanguard-industries.com
instagram.com
facebook.com
linkedin.com

プロジェクトのコラボレーター
Masahiko Yamanaka
Hayato Mitsuishi

Kickstarter.comの
クリエイタープロフィールへ

【あわせて読みたい】

世界から6000万円以上!
AIロボ「もふりん」
開発者が語る誕生秘話

MOFLIN (もふりん) | 感情を表現できるAIペットロボット

いつも一緒に。まるで本物の動物みたいなAIペットロボット。
https://www.kickstarter.com/projects/vanguardindustries/moflin-an-ai-pet-robot-with-emotional-capabilities

RecommendedArticles_ おすすめ記事