日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Blogs
10月31日まで日本発 | Project We Love

連載ブログ[蹴りたいボドゲ] ~かはずなく札の遊戯を蹴りにけり~ 「KAWARS」

綾羽光陰
綾羽光陰

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

************************************
け‐る【蹴る】《五他》
0. kickstarterで気になったプロジェクトを支援すること。
「最高に好みの作品を見つけたから――」

あなたの心の琴線に触れたら、蹴る一手!
「蹴りたいボドゲ」のはじまりです。
************************************

ハローハローこんにちわ。

動物テーマのボードゲームは数多くありますが、子供向けゲームを中心に地味に人気のあるのがカエル!

BoardGameGeekで調べると、“Animals: Frogs / Toads”のカテゴリーへの登録数は “Animals: Penguins”の登録数よりも多いのです!

そんなカエルテーマのボードゲームで、しかも日本発のプロジェクトが先日スタートしました。

今回はこの「KAWARS (カワーズ)」の魅力と、蹴るべきか蹴らざるべきかに関して語っていこうと思います。

■概要

「KAWARS」は、16匹のカエルでデュエルするカードゲームです。

プレイ人数:2人
プレイ時間:10〜20分
ジャンル:対戦カードゲーム、カエル

■ゲームプレイ

「KAWARS」は「ラブレター」でやる「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」風のゲームです。

ゲームの基本的な流れは「ラブレター」でおなじみの2枚の手札から1枚を選んで場に出すというもの。
ただし、場にカードを出す際には「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」のように、攻撃表示(表向きで縦置き)か守備表示(裏向きで横向き)かを選ぶことになります。 そして、場に出ているカエルを使って、相手のカエルと殴り合いをします。
「遊⭐︎戯⭐︎王オフィシャルカードゲーム」のように、攻撃表示のカエルは攻撃力を、守備表示のカエルは守備力を参照して数値の比べ合いをして、その差分だけ相手のHPを減らせる感じですね。
ただし例外的に、攻撃表示のカエルが守備表示のカエルを倒した場合だけはHPの減少はありません。

また、それぞれのカエルは、場に出た時、あるいは表向きになった時に特殊能力を発揮します。

そうやって、先に相手のHPを10点減らしたプレイヤーが勝利します。
あるいは、16枚からスタートする共用山札がなくなった際に、HPが少ないプレイヤーが勝利します。

「KAWARS」公式サイトには、ブラウザ上で動く体験版もあるので、興味のある方はそちらで試遊してみるといいかと思います。

■「KAWARS」の魅力

「KAWARS」の魅力は、やはりカエルのイラストですね。

特に今回のプロジェクトのリワードとして選べるトランプには、54枚のカードにそれぞれ異なるカエルが描かれているそうです。 イラストに惹かれて蹴ることを考えている場合は、さまざまなカエルを愛でることができるトランプの方が満足度が高くなりそうです。

■結論 蹴るべきか、蹴らざるべきか

以下の項目にいくつ当てはまるかを確認してみましょう!

・「ラブレター」系ゲームをコレクションしてる
・簡単に2人で遊べるゲームが欲しい
・デュエリストだ
・カエルが好き
・世界観に惹かれた!
・日本発のプロジェクトを応援している!

当てはまった項目数が~
0~1:様子見をするのが無難でしょう
2~3:蹴るのを検討してみては?
4~6:蹴らないと後悔するかも!

僕は3つ該当しました。プロジェクト終了まではまだ時間があるのでゆっくり検討しようかと思います。

カエル好きの方は、トランプのリワードの方も是非検討してみてはいかがでしょうか?

それではまた!
アディオス=アミーゴ!!

(ゲームクリエイターズラボ第一期生 綾羽光陰)

KAWARS
カワーズ

カエルの世界をテーマにした2人用の対戦型カードゲーム
https://www.kickstarter.com/projects/zenselect/kawars

この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「綾羽光陰」 の記事一覧を見る >
「ボードゲーム」 関連記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事