世界初・最大のクラウドファンディング「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Blogs

冬キャンプでもホカホカ! 寝袋を温める「Hot Pocket」 →成功

早坂英之
早坂英之
    • facebook
    • twitter
    • line

初めてKickstarterを使う人にとって、英語でのやり取りはハードルが高いもの。バックした後に「リワードがちゃんと届くかな」「間違えずにバックできたかな」と、心配になるのもよく分かります。

世界中のクリエイターとつながるKickstarterでは、ほとんどのプロジェクトが英語で書かれています。もちろん、英語でなければいけないというルールはまったくなく、日本語でもスペイン語でもいいのですが、クリエイターの多くは世界中の人々に知ってもらいたい、よりたくさんの支援を受けたいので、英語でのプロジェクトページが主流となっています。

そのため、途中経過のお知らせ機能「アップデート」もほとんどが英語。ファンディングゴールしたあとの案内メッセージもほぼ英語です。

メッセージでのやり取りで大事なのは、ちょっとぐらい文法が間違えてもスペルが違っても気にしないこと。そんなバッカーは世界中にたくさんいるわけですから。

でも、それはきちんとメッセージボックスの確認をしていることが前提。メッセージを開かずにいると、延々とリワードが届きません。それもそのはず、メッセージでは配送先の確認など、大事な内容が届きます。

じつはこれ、Kickstarterだけではなく、どのクラウドファンディングでもよくある話で、「プロジェクトを終えてもまだ発送先住所待ち…それも何年も」という、クリエイターの嘆きがあるわけです(バックしたリワードにはきちんと返信しましょう)。

ほんとこれ、私にとって大反省なのですが、キャンプでの寝袋を温めるバッテリー付きウォーマーバッグ、「Hot Pocket」をバックしておいて、リワードの申請を忘れたまま1年半も経ってしまった…という、クリエイターに申し訳ない体験談をお伝えします。

冬のアウトドアの心強い味方! Hot Pocketで寝冷えを防ぐ

4,889人のバッカーから総額626,162USドル(約65,960,000円)の支援を受けたこのプロジェクト、寝袋を温めるためのバッテリー付きバッグです。寒い時期の登山やキャンプでは、寝袋の冷えがカラダに堪えるもの。このHot Pocketを使えば寝袋を事前に温められ、ホカホカの状態で使用することできます。しかも温めるのに必要な熱源はモバイルバッテリーなので持ち運びも容易。いざとなったらスマートフォンも充電できます。

寝袋をHot Pocketに入れて温めるだけではなく、湯たんぽのように中に入れて使うことも可能。「こんなアイテムあると助かる!」という、アウトドアズマンの期待に応えてくれるアイデアギアです。

基本的な使い方はHot Pocketの中に寝袋を入れてスイッチオン。中に入れた寝袋が温まるのを待つだけ。

袋を開けたまま寝袋の中に入れると、湯たんぽのようにして使うこともできます。

Kickstarterならではのアイデアギアをすぐにプレッジ!

冬のアウトドアを楽しむ人であれば、寒くて眠れないという経験があるはず。Hot Pocketひとつ持っていれば、ダウンジャケットやインナー類も温めることができるので、着替える前にホカホカの状態にすることができます。“外でも家でも役立つ”そんな目的以上の価値を期待して、「EARLY BIRD: Hot Pocket(送料込み138USドル)」をバックしました。

氷点下20度の、冬の北海道朱鞠内湖にて。当時このHot Pocketを手に入れていれば(モバイルバッテリー、寒さで持つかな?)

バックしたプロジェクトが達成したら、その後の手続をお忘れなく(ほんとに)

ところがファンディングゴールしたことはおろか、バックしたことすら忘れてしまい、気づいたときには1年半近くも経ってしまったのです。

以前、空中盆栽のプロジェクトを取材したときに、「まだ送り先が分からず、発送できていないんですよー」という話を聞きましたが、まさか自分がそれをしてしまうとは…。

メッセージのやり取りの一部。遅れに遅れたにも関わらず、とても丁寧に対応していただきました。

リワードの受け取りには住所のお知らせが必要なことを覚えておきましょう

Kickstarterは支援したいプロジェクトを見つけ、リワードのプレッジ(支援の約束)をします。プロジェクトが無事に達成し、バックした(支援した)リワードを受け取るわけですが、ここでクリエイターに配送先住所をお知らせする手順に進みます。

ここから先はクリエイターとバッカー、1対1のやり取りです。住所を教えなければリワードも届きません。住所のお知らせ方法は、入力フォームだったりメッセージで直接だったり、さまざまなパターンがあることを覚えておきましょう。

また、入力フォームでオプション品の選択をする項目も稀にありますが、必要でなければオプション品の購入にチェックをせず、リワードそのまま受け取るようにしましょう(そちらの方が分かりやすいと思います)。

Hot Pocketの配送先入力フォーム。海外のクリエイターの場合、多くが外部サイトの入力フォームを使用しています。基本的には項目に答えていくだけですが、オプション品の選択項目などがあるので、必要でない場合は選択せずにそのまま進めましょう。オプション品は別途購入費がかかります。

とはいえ、一番大事なのはバックしたことを忘れずに(ほんとに)、クリエイターからのメッセージはきちんと確認・返信することです。Hot Pocketのクリエイター、Tammyさん、大変失礼いたしましたー! アイムソーソーリー!

ホットポケット

いつでも(そして、どこでも)必要なときにすぐ温まる!
https://www.kickstarter.com/projects/sierra-madre/hot-pocket-instant-heat-when-and-where-you-need-it

RecommendedArticles_ おすすめ記事