講談社キックスターターナビ | 日本のクリエイターを世界へ! KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Blogs
達成

連載ブログ[蹴りたいボドゲ] ~軽量高速のソロ専用ゲーム~ 「THE SPIRIT OF EDEN」

綾羽光陰
綾羽光陰

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

************************************
け‐る【蹴る】《五他》
0. kickstarterで気になったプロジェクトを支援すること。
「最高に好みの作品を見つけたから――」

あなたの心の琴線に触れたら、蹴る一手!
「蹴りたいボドゲ」のはじまりです。
************************************

ハローハローこんにちわ。

ボードゲームといえば、何人かで集まって遊ぶものが大多数ですが、最近は1人でも遊べるゲームも増えてきています。

そして「1人で遊ぶ専用」のゲームも、少数ですが登場してきています。

今回はこの「THE SPIRIT OF EDEN (ザ スピリット オブ エデン)」の魅力と、蹴るべきか蹴らざるべきかに関して語っていこうと思います。

■概要

「THE SPIRIT OF EDEN」は1人用のスピーディなタワーディフェンスゲームです。

プレイ人数:1人
プレイ時間:15分
対象年齢:10+
ジャンル:ソリティア、タワーディフェンス、ダイスロール

■ゲームプレイ

「THE SPIRIT OF EDEN」は、豊かなエデンの地へと侵攻してくる敵たちを倒すと勝利というシンプルな1人用のタワーディフェンスゲームです。
プレイヤーは3×3のマップを3体の敵から守るべく立ち回り、目標カードに書かれた特定のコンディションを達成することを目指します。

目標カードは3体の敵それぞれに対して3枚ずつ存在。
その3枚の目標カードを達成すると、敵を1体倒したことになります。

さて、ゲームの流れは至極単純です。

プレイヤーが4回のアクションを実行したら、敵が自分の乗っかっているカードへ攻撃する。
これを繰り返すだけです。

プレイヤーのアクションは、ダイスを4つ振って、4枚のアクションカードへ分配することで実行されます。
各アクションカードは、割り振られたダイスの目に応じて、さまざまな効果を及ぼします。
例えば、敵を移動させたり、罠を仕掛けたり、傷ついた大地を癒したり……。

ただし、直接的に敵を倒すカードはなく、あくまでも目標カードのコンディションを達成しないと敵を倒すことはできません。
肝心の目標カードの内容は、ルールブックでははっきりと記載されておらず「特定の場所で、特定の敵を、罠にかけろ!」とかそんな感じのようです。

一方で、敵の行動はシンプル。
自分のいる場所のカードが表側なら裏返し、裏側ならカードをゲームから除外。
自分のいる場所のカードが除外されていたら、隣のカードに移動。
基本ルールに則って行動してきます。

そして、ゲームから除外されたカードが2枚以上になるとゲームは終了して、プレイヤーの敗北となります。
そうなる前に、すべての目標カードを解決しなければならないわけですね。

■「THE SPIRIT OF EDEN」の魅力

1人用のアナログゲームに求められているのは、どちらかといえば「体験型のストーリーに没入する楽しみ」や、「パズル型の問題解決を行う楽しみ」ではないでしょうか。
しかし、1人で遊ぶが故に、複雑なルールを覚えたり、ゲームのコンポーネントの準備をしたり、片付けたりする時間が“虚無”になりがちです。

ボードゲームの最大の魅力である「ゲームを通じた他人とのコミニュケーションの楽しさ」がないため、ボードゲームじゃなくてもいいかなってなりがちなんですよね……。

その点、「THE SPIRIT OF EDEN」は、単純なルールとコンパクトなコンポーネントのおかげで、
ひとりでも面倒にならずに、体験型の楽しみとパズル型の楽しみの両方を享受できそうだなと思います。

また、6種類くらいのゲームモードが選べるみたいなので、ゲームの難易度も自分に合わせて自由に設定できそうです。

日本の卓上でもなんとか広げられそうなコンパクトな1人用のボードゲームとして、なかなか期待できそうです!

■日本語版の可能性

日本語版、日本語訳付きでの輸入販売の可能性はほぼゼロでしょう。

英語の難易度については、ルールが単純なおかげで、思っていたよりも簡単に感じました。

1人用のゲームのプレイ中なら、ゲーム中にいくら中断して英語の読解に時間をかけても許されますし、
英語のゲームに慣れてない人が、勉強のために遊ぶというのもありなんじゃないかなと思います。

■結論 蹴るべきか、蹴らざるべきか

以下の項目にいくつ当てはまるかを確認してみましょう!

・タワーディフェンスが好き
・英語のゲームにも興味がある
・パズルを解くのが好き
・1人用のゲームが欲しい
・隙間時間で遊べるゲームが欲しい
・エデンの戦士の誇りがある

当てはまった項目数が~
0~1:【蹴らないボドゲ】様子見をするのが無難でしょう
2~3:【蹴りたいボドゲ】蹴るのを検討してみては?
4~6:【蹴るべきボドゲ】蹴らないと後悔するかも!

僕は3つが該当しています。
ダイスをアクションカードに割り振るシステムにちょっと興味があるので、プレイ感を確かめるべく蹴ってみようかと考えています!

それではまた!
アディオス=アミーゴ!!

(ゲームクリエイターズラボ第一期生 綾羽光陰)

THE SPIRIT OF EDEN by Alone Editions
ザ スピリット オブ エデン バイ アローン エディションズ

エデンに危機が迫っている! このスピーディなゲームで味方の助けを借りて侵略者を倒そう
https://www.kickstarter.com/projects/alone-editions/the-spirit-of-eden-by-alone-editions

この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「綾羽光陰」 の記事一覧を見る >
「ボードゲーム」 関連記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事