日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Blogs
達成Project We Love

連載ブログ[蹴りたいボドゲ] ~レベルの違いを体感せよ!~ 「Iron Forest」

綾羽光陰
綾羽光陰

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

************************************
け‐る【蹴る】《五他》
0. kickstarterで気になったプロジェクトを支援すること。
「最高に好みの作品を見つけたから――」

あなたの心の琴線に触れたら、蹴る一手!
「蹴りたいボドゲ」のはじまりです。
************************************

ハローハローこんにちわ。

戦場を駆け抜ける巨大な影!
金属同士のぶつかりあい!

ロボットバトルが大好きな僕たち私たちのためのプロジェクトが公開されました!

ロボットバトルテーマのゲームといえばウォーシミュレーションのような、ルールが複雑で重たいゲームを思い浮かべがちですが、
本作は子供向けのとある有名ボードゲームを元に開発された誰でも気軽に遊べるゲーム!

今回はこの「Iron Forest (アイアン フォレスト)」の魅力と、蹴るべきか蹴らざるべきかに関して語っていこうと思います。

■概要

「Iron Forest」はチーム対抗のオハジキロボットバトルゲームです。

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:40分
対象年齢:14歳以上
ジャンル:オハジキ、チーム対抗、ロボットバトル

■ゲームプレイ

「Iron Forest」はアニマルチームとアイアンフォースチームとに分かれて、各チームに与えられた目標を、相手チームよりも先に達成することを目指すオハジキゲームです。

2017年のドイツ年間キッズゲーム大賞をはじめとして、数々の賞を獲得したペンギンオハジキゲーム「アイスクール」の製作チームが送る、レベルアップしたオハジキゲームです!

具体的にどこがレベルアップしたのかといえば、ゲームボードが2階層(2レベル)になりました。

さて、ゲームの基本的なルールはとても簡単です。

手番のきたプレイヤーは、アクティベーションカードというものを引きます。
これによって、各チームに配備されている4体のメカと呼ばれる巨大ロボットのうち1体が起動します。

そして、その起動したメカを指で弾く!

あるいは、ランチャーで射出して上段のゲームボードに移動する!

その後、もう1枚アクティベーションカードを引いてメカを起動し、そのメカを指で弾くかランチャーで射出したら手番終了。

つまり、1手番中に2回メカを操作できるわけですね。

そうやって、シナリオで示された目標(例えば特定の場所を通過または到着するとか、相手のメカにぶつけるとか)を達成することを目指します。

ゲームに同梱されているシナリオは7種!
支援金額に応じて解放されるストレッチゴール次第では、シナリオの追加もあるようです。

■「Iron Forest」の魅力

「アイスクール」は対象年齢が6歳以上となっていたように子供向けのゲームでしたが、「Iron Forest」の対象年齢は14歳以上。

基本的なゲーム性はそのままに、大人でも飽きずに繰り返し遊べるように進化しています!

あと、単純に二階層あるゲームボードは見てるだけでもワクワクしますね!

ランチャーでメカを射出するのも面白くないわけないんですよね!

■日本語版の可能性

「Iron Forest」の日本語版の可能性は……ほぼゼロかと思われます。

プロジェクトの先頭の画像を見るとキックスターター限定の文字が見えますし、
よくある質問」を確認してみると、小売の予定はないという回答もあります。

また、「よくある質問」には、英語版以外は出すつもりはない旨も記載されています。
需要によってはフランス語、ドイツ語版等のルールブックのPDFを作るかもしれないそうですが、日本語版の需要はそこまで高くならないでしょう。

また、「Iron Forest」の言語依存度は、ゲームごとにシナリオを読んだりする必要があるため少し高めです。
英文の難しさは、個人的な印象としては、子供向けのゲーム「アイスクール」が元になっているため、そこまで難しくないように感じました。

■結論 蹴るべきか、蹴らざるべきか

以下の項目にいくつ当てはまるかを確認してみましょう!

・ゲームボードにワクワクする!
・メカを射出してみたい!
・大人の「アイスクール」に興味がある。
・一般に販売されていないゲームは確保しておきたい
・ロボットバトルに燃える!
・プロジェクトページの英語がなんとなく理解できる

当てはまった項目数が~
0~1:【蹴らないボドゲ】様子見をするのが無難でしょう
2~3:【蹴りたいボドゲ】蹴るのを検討してみては?
4~6:【蹴るべきボドゲ】蹴らないと後悔するかも!

僕は6つ該当!
ここを逃すと手に入らないタイプのゲームですし、キックしようと思っています!

それではまた!
アディオス=アミーゴ!!

(ゲームクリエイターズラボ第一期生 綾羽光陰)

Iron Forest
アイアン フォレスト

ICECOOLのクリエイターによる、次世代フリッキングゲーム。
https://www.kickstarter.com/projects/braingamesusa/iron-forest

この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「綾羽光陰」 の記事一覧を見る >
「ボードゲーム」 関連記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事