日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Blogs

こんなのアリ!? 「発想勝負」のおもしろプロジェクトで大成功!!

KS Navi編集部
KS Navi編集部

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

Kickstarterではオキュラスに代表される、時代を先取りした野心的なプロジェクトから、
「え、まじ?」というおもしろプロジェクトまで実に多種多様なプロジェクトが展開されています。
思わず二度見する「こんなのアリ!?」プロジェクトの中から、特に世界規模で注目を浴び、
話題となったプロジェクト4つをご紹介!

おもしろプロジェクト

Potato Salad

米国・オハイオ州のクリエイター、Zack Danger Brown氏が「ポテトサラダを作ります」というだけのプロジェクト。もちろんインターネット&Kickstarterならではのジョークだったはずが、これは面白いと話題になり、2014年にプロジェクトがローンチするや、なんとその年の“よく見られたプロジェクトページTOP10”にランクイン! どんどんバッカー(支援者)が増え、クリエイターも真剣味を帯びてきた結果、ユーザーから募集したレシピをまとめたレシピブックなど、最初はなかったリワードまで追加になり、実際に制作することに。
とはいえ、1人当たりのバック金額平均が$70(約8,000円)を超えるKickstarterにおいて、バッカー1人あたりの平均支援額は$8.03(約950円)だったというから、やはりこれは「そのジョークに投げ銭」であったという微笑ましいプロジェクト。

Anamanaguchi – make ENDLESS FANTASY more than an album!

Nintendoのファミコンやゲームボーイを用いた米国チップチューン・ミュージックバンドAnamanaguchiが、レーベルの力を借りずに彼らのアルバム「Endless Fantasy」をリリース、MVやいろいろ作って盛り上げよう!と2013年にローンチしたプロジェクト。既にScott Pilgrim vs. The World: The Gameに楽曲が使われるなどゲーム/エレクトロニックミュージック界で注目を集めていた彼らの野望は「とにかくクレイジーなアイデアを実現したい」。
そこで彼らが制作を目論んだMVは「ピザを宇宙へ飛ばそう」というもの。その愛すべきクレイジーなアイデアが注目を集め、プロジェクト開始からわずか11時間で目標金額$50,000(約580万円)のところ $277,399(約3,200万円)の支援を集めてプロジェクトは成功、無事ピザの打ち上げ(?)MVを作成しました。

The New York Sorta Marathon

毎日毎日いやなニュースばかり、マラソン完走者のようにやった!やりとげた!という爽快な気分や自信を味わいたい、でも42.195kmを走るなんて、時間もないし長すぎる!→ 3.2kmのショートマラソンなら手軽に、誰でも参加できる!──という発想から生まれたプロジェクト。もちろんシャレで「架空」のイベントのはずでしたが、バッカーの共感を集めて無事プロジェクトが成功! するとなんと2017年11月に実際にNYCで開催されることに!!
バッカーたちは支援金額により、リワード(返礼品)として特設ウェブサイトに完走者として名前が記載されたり、オリジナルTシャツやゼッケンがもらえたりと存分に楽しみました。

We’re putting a TARDIS into orbit

カルトファンも多い英国BBCの長寿SFドラマ「Doctor Who」に登場するタイムマシーンTARDIS型の衛星をみんなで宇宙へ送り出そう!という、米国・フロリダのクリエイターによる2013年ローンチのプロジェクト。「あのTARDISを実際に宇宙へ!」というアイデアが熱心なファンの心を捉え、目標金額$33,000(約380万円)のところ、3,231人のバッカー(支援者)から$88,880(約1,000万円)を集めプロジェクト大成功。──が、打ち上げスケジュールがなかなか決まらずに現在に至ります。

以上、「こんなのアリ!? 「発想勝負」のおもしろプロジェクトで大成功!!」でした。
遊び心にあふれたプロジェクトの実現は、クリエイティヴィティを大切にするKickstarterならでは。 Potato Salad プロジェクトのように、最初はジョークのつもりで始めたプロジェクトでも、そのアイデアと面白さにバック(支援)する人が集まるというのがいかにもKickstarter。シャレ企画だったThe New York Sorta Marathonも実際に開催されるという結末に。

ジョーク企画であっても、支えて一緒に楽しんでしまおう!というのが、ほかのクラウドファンディングとは違う、独特の文化を感じさせるところ。いい意味で“予想外の展開”が起きる場所と言えます。
そんなバッカーたちの支援やコメントを受けて、リワードが追加されたりプロジェクトの最終目標が変更になったりも。さらにはバッカーがプロジェクトチームに参加してしまうこともよくあるとか!!
※円換算は、記事作成時点(2022/3/3)のレートに基づいています。

RecommendedArticles_ おすすめ記事