日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Project
達成Project We Love

直火式コーヒーメーカーで、究極の1杯が超カンタン! Orb One

狩野文孝
狩野文孝

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

コーヒー好きなら要注目。コーヒー1杯分をさっと淹れられる、シンプルな直火式コーヒーメーカー「Orb One」(オーブワン)がキックスターターに登場しました。インスタントじゃなく、コーヒー粉から淹れたコーヒーを飲みたい。でも、自分用のコーヒー1杯分だけあればいい。しかも、できるだけ手軽に。Orb Oneは、そんな人にオススメしたいコーヒーメーカーです。
(下につづく)

2021年3月4日 12時現在 (残り日数 21日)
¥34,868,410
の総プレッジ(支援)額 (¥26,714,339中)

バッカー(支援者)数 2,167人
日本からのバッカー数 29人
このプロジェクトに
バック(支援)する

※このプロジェクトは 2021年3月26日までにゴールを達成した場合のみファンディングされます。
※バック(支援)金額は、達成した場合のみクレジット決済され、不成立の場合は請求されません。

おすすめのリワード(リターン)
US$ 120以上のプレッジ(支援)額(約¥12,823)
Orb One Coffeemaker: November release

Orb One Coffeemakerを20%オフで。

リワードの詳細を見る

Orb Oneでコーヒーを淹れるには、まず本体内部に水とコーヒー粉をセットします。あとはOrb Oneをガスコンロなどで火に掛けて待つだけ。約2分間でカップ1杯分(約240ml)のコーヒーが抽出されます。お湯を沸かす量が少ない分、スピーディーにコーヒーが淹れられるというわけですね。これなら時間のない朝でも本格的なコーヒーが楽しめそう。

コーヒーを抽出する原理は、従来の直火式コーヒーメーカーと似ています。本体下部にある小さな鍋でお湯を沸かすと内部に水蒸気が発生。気圧によってお湯が上部に移動し、コーヒー粉を入れたバスケット内を通過します。最終的には一番上のポット部分に抽出されたコーヒーが出てくるというもの。ステンレス製のコーヒーフィルターが内蔵されているので、いちいち紙フィルターを交換する必要もありません。

おいしいコーヒーを淹れるには、お湯の温度も重要です。沸かしたばかりのお湯でコーヒーを淹れてしまうと、苦みや渋みが出すぎてしまいます。そのためOrb Oneでは、お湯の温度調節用にシャワーヘッドのような細かな穴の空いたステンレス製部品を搭載。お湯がここを通ることで、コーヒーを抽出するのに最適な温度に調節してくれるとのこと。これなら誰が淹れてもおいしいコーヒーが作れそうですね! ちなみに、本体に入れる水量を少なくし、細かく挽いたコーヒー粉を使えば、エスプレッソに似た濃厚なコーヒーも楽しめるとのこと。

Orb Oneは、ご家庭にあるガスコンロだけでなく、IHクッキングヒーターや電気コンロなどでも使用可能。本体サイズがコンパクトなので、キッチンの収納場所に困らなそうです。また、ソロキャンプなどのアウトドア用途に持ち運んでもいいかもしれません。

コーヒー粉からちゃんと淹れたコーヒーって、やっぱりインスタントにはない香りと味わいがあります。Orb Oneは見た目も美しいので、毎朝これでコーヒーを淹れるだけでも気分がアガりそうですね!
(狩野セレクト)

プロジェクトのストーリー(ダイジェスト)



Orb Oneは、1杯用(8オンス)のユニークな直火式コーヒーメーカーで、ドリップの爽やかさからエスプレッソの強さや濃厚さまで、それぞれのスタイルの表現や豊かさ、風味を損なうことなく、挽き方を変えるだけでコーヒーの種類を柔軟に変えることができます。







おもな特徴

Orb Oneは、従来のモカポット(直火式コーヒーメーカー)を再考し、いくつかの点で改良を加えました。そのプロポーションを変えることで、Orb Oneはガスバーナー、電気コンロ、IH、セラミックプレート、さらにはキャンプ用コンロでも効率的に機能します。

また、コーヒーの抽出過多や焦げ付きを防ぐために、内部構造を再構成しました。温度を調整するステンレス製のシャワーヘッドと、独自の高精度レーザーパルス加工フィルターを組み合わせることで、毎回完璧なコーヒーの抽出を実現しています。

デザインプロセス

Orb Oneは、何度も失敗を重ね、多くの先入観を打ち砕いたり、常識を覆したりしながら、長年の研究と試作の成果であり、途中で深刻なコーヒー依存症に陥ることもありました。

一貫性を保つためには、変数をコントロールすることが重要です。コーヒーの場合、重要な変数はしばしば「3つのT」と表現されます。温度(Temperature)、乱流(Turbulence)、時間(Time)です。私たちは製品設計の過程でこれらの変数に対処し、ユーザーが簡単に調整してコーヒーの品質をコントロールできるようにしたのです。

Orb One (オーブワン)
ストーブトップコーヒーメーカー

さまざまな淹れ方で美味しいコーヒーを淹れられる、ユニークな直火式コーヒーメーカー。
https://www.kickstarter.com/projects/692213374/orb-one

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「狩野文孝 Fumitaka Kano」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事