世界初・最大のクラウドファンディング「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Project
達成

エジプト世界観の豪華トランプが新色でカムバック! Anubis & Osiris アヌビス&オシリス

中川コージ
中川コージ

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 和紙のような上質な紙に金箔押しのタックケース。クールビューティー!
  • 古代エジプトの聖なる昆虫「スカラベ」やお馴染みのピラミッド、神々がエレガントにデザインされたカスタムカード
  • 前作は5年前に同じデザイン・色違いで大ヒットしたKS発のトランプデック。ファンの要望を受けて堂々KSに凱旋どぅわっ!

プレッジ(支援)総額 ※4月12日現在(残り18日)
¥26,457,781 (目標額¥2,190,794)

バッカー(支援者) 2,810人 | うち日本から -人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

冥界の神オシリスとアヌビス。こう書かれてもピンと来ない方はPJTページをみてちょうだい。「あぁあのネコみたいなやつか、見たことある!」と思うはずだ。エジプト世界観のキャラクターは日本人にも馴染みがある。ツタンカーメンマスクと壁画色のイメージからだろうか、エジプト関連の商品というとケバいゴールドや黄色など原色が配色されてしまいがちなのだが、このデックはヒジョーにエレガントにまとめ上げられている。

実はこのクリエーター(スティーブ氏)、トランプデックPJTを何個もヒットさせているKS常連の安心クリエーター。
僕は5年前のKS第1作目の「アヌビス&オシリス」デックの頃からのファンだ。日本をテーマにしたKS発デック「HANA」というのもあって、それは「間違いニッポン」炸裂だったけども、フジヤマゲイシャテンプラサムライゲンキデスカーーー!的「西洋から見たニッポン」という熱い世界観を構築していて中々良いものだった。
今回のPJTもカード1枚1枚にしっかりと美しいエジプトテーマのイラストがアートとして昇華されている。ダークパープルとダークグリーンの上にゴールドインクなんて美しくないわけがなかろう! 実績あるクリエーターさんなので、安心して蹴ってくれ。
(中川セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
US$ 32 (約¥3,506)以上
のプレッジ(支援)額
PAIR (2 Decks)

アヌビス&オシリス各1
もしくはどちらかを2デック

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

プロジェクトのストーリー(ダイジェスト)



アヌビスとオシリスのトランプが、新しいセットになって帰ってきました。オリジナルセットが完売した後、需要は高かったのですが、オリジナルデックの価値を維持するために、単なる復刻ではなく、新しいセットを作ることにしました。

「アヌビス&オシリス ラグジュアリーシャドー トランプ」は、スティーブ・ミンティがデザインした米国トランプのオリジナルセットです。これらのデックは、過去のエジプトの神々や王に対する崇高な畏敬の念に触発されています。古代エジプト時代やエジプト・リバイバルの要素が取り入れられ、現代的なデザインが施されたこのデックは、まさに特別なものとなっています。














クリエイターについて
Steve Minty

ものづくり大好き。イラストレーションやグラフィックデザインを学びましたが、ものづくりのほうが好きです。ロサンゼルスで育ち、絶え間ない交通量に耐え続けています。

URL:
steveminty.com

作成したプロジェクト数:10
バックしたプロジェクト数:0

プロジェクトの協力者:
BackerKit
Steve Minty Fresh

Anubis & Osiris Shadow Luxury Playing Cards by Steve Minty
アヌビス&オシリス ラグジュアリーシャドートランプ

スティーブ・ミンティがデザインした、エジプトをテーマにした限定版の豪華トランプデック
https://www.kickstarter.com/projects/steveminty/anubis-and-osiris-shadow-luxury-playing-cards-by-steve-minty

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「中川コージ」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
【あわせて読みたい】

3つのプレイモード搭載!
タロット×ボードゲームの融合
「Sefirot セフィロト」

インタビュー
なぜ、支援するのか。
スーパーバッカーと呼ばれる人

新進気鋭のデザイナーが放つ!
大英帝国東インド会社がテーマ
のボドゲ「John Company」

RecommendedArticles_ おすすめ記事