日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

超絶ハイテンションで攻めるクールジャパントランプ Yaksha ヤシャ

中川コージ
中川コージ

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • ダークな持ち味を保ちつつ、鬼や般若が気持ち悪くならないように可愛くデザインされていて絶妙に良い雰囲気
  • マチガイニッポン世界観に日本人は首を傾げるけど、“日本文化から離れた”グローバルスタンダードとしてはアリ。ワチャワチャ感を楽しもう
  • 御札型の非定形サイズ「縦長バージョン」の「YAKSHA GO」がこれまたユニーク

プレッジ(支援)総額 ※4月14日現在(残り10日)
¥2,843,384 (目標額¥1,400,861)

バッカー(支援者) 291人 | うち日本から 4人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

♪フジヤマゲイシャニンジャサムライスモーーレスラーオニオニオニオニ!!というハイテンションなマチガイニッポン世界観のトランプデックが登場だ。あくまでもニッポンの世界観ではなく、海外の方からの視点で楽しまれるマチガイニッポン。今や国際的に確立した世界観だ。だから「そんなん日本文化じゃないよ」という野暮なツッコミはヤメておこう。これはこれとして楽しむもんだ。ちなみにプロジェクトオーナーは「世界中のクリエイターとコラボして」カードデックをプロデュースしているという香港の会社だ。

ふとデックの箱絵に「夜叉」と書きながらローマ字がなぜ「YASHA」ではなくて「YAKSHA」なのか、という表記間違いを指摘したくなるが、念の為ググってみると「夜叉」自体がサンスクリット語から漢字変換されたもので、元々は男鬼が「YAKSA」、女鬼が「YAKSINI」だそうな。むしろ男鬼としての「夜叉=YAKSHA」のほうが正しかったのかと納得しかかりそうになったものの、中の絵札は女鬼も多数あって、やっぱり「YAKSHA」は単なる間違いなんだろうと一周回って再認識する。そしてこの日本語を気にしない間違いがあってこそマチガイニッポン世界観なのであーる。

ロックを聞きながらカリフォルニアスシロールを食べて遊ぶべきデック。絵札はイラストデザインされた夜叉たちが可愛く、カラーの統一感も良い。おどろおどろしくならないように、鬼たちが丁度よい塩梅(あんばい)でデフォルメされているのだ。裏面デザインは、夜叉姫の描かれた「HANNYA版」と、般若の描かれた「ONI」版があり、日本語ベースで頭を動かしていると混乱するので、ココは華麗にスルーしよう。

ハイテンションなマチガイニッポン祭りのデック。僕は好きだぞ! リワード設定がわかりにくいので、デック1個のリターンがあるベーシックなリワードを選択して、アドオン追加したほうが良さそうだ。
(中川セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
HK$ 264 (約¥3,699)以上
のプレッジ(支援)額
One Basic & One Craft (EARLY!)

Yaksha Basic/Yaksha Craft

HK$ 101 (約¥1,415)以上
のプレッジ(支援)額
One Yaksha Go

Yaksha Go

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

プロジェクトのストーリー(ダイジェスト)



Card Experimentは、新しい神話シリーズをご紹介できることを嬉しく思います。今回はその第1弾、Yaksha Playing Cards (Oni & Hannya)。私たちは、日本の伝統的なタトゥーアートである「和彫り」を、トランプのスタイルで表現。Yaksha Playing Cardsは、神話や昔話の複雑でカラフルなビジュアル要素を中心に展開しています。

夜叉は、アニメや漫画に登場するなど、日本の大衆文化によく登場します。般若の面は、執着や嫉妬によって悪魔になってしまった魂を表しています。私たちは、夜叉にまつわるさまざまな民話や物語、神話などを調べ、そのなかから有名なものをいくつか選び、絵札のキャラクターのインスピレーションの源としました。

・完全カスタマイズのマークと絵札。
・デザインはSin Yee Lam氏。カードの印刷はThe United States Playing Card Company(U.Sプレイング・カード社)によるもの。
・高級紙を使用したカードケース。箔押しとインクを使ったレタープレス加工。
・プロデュースはCard Experiment(@cardexperiment)。





















カードケースは、いつもお世話になっているパートナーと一緒に活版印刷と箔押しをおこなう予定です。私たちのコラボレーションは、最新の「Goketsu & Densho Playing Cards」を含む過去の多くのプロジェクトで、精巧なケースの製作に成功しています。







「Yaksha Go deck」はドミノ・サイズのカードで、軽量で旅行用に設計しています。ストライプ状の形状で、限られたスペースでもカードを広げることが可能。

ケースには金色の箔押しが施されていて、Yaksha collectionのなかでも特にコレクション性の高いカードです。





YAKSHA Coinのデザインは、mint coins等のプロジェクトを経て、さらに進化しました。YAKSHA Coinは、トランプカードの特徴をまとめて、面白くバランスのとれたデザインになっています。

コインは真鍮ベースの素材から打ちぬかれ、直径2インチ(約50mm)。アンティークシルバー、アンティークゴールド、アンティークカッパー、アンティークブラス、サテンゴールド、ブラックニッケルの6種類で仕上げ加工されています。


クリエイターについて
Card Experiment

Card Experimentは、世界中のアーティストやデザイナーと協力して高品質なイラストやデザインを制作することで、複雑なテーマやアイデアを探求し、トランプデザインの限界をつねに押し広げています。このアプローチにより、人々がトランプに表現されたテーマやアイデアについて考え、トランプがそのテーマやアイデアを伝える架け橋となることを目指しています。これまでに制作したデックは、cardexperiment.comでご覧いただけます。
Asura Playing Cards, Babel Playing Cards, Utopia Playing Cards, Anicca Playing Cards, Dream Playing Cards, Artilect Playing Cards

作成したプロジェクト数:13
バックしたプロジェクト数:16

URL:
cardexperiment.com

Yaksha Playing Cards
(夜叉トランプ)

日本の昔話に登場する「鬼」をモチーフにした、特別仕様のU.Sプレイング・カード社製バイスクルトランプ。
https://www.kickstarter.com/projects/cardexperiment/bicycle-yaksha-playing-cards

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「中川コージ」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
【あわせて読みたい】

インタビュー
なぜ、支援するのか。
スーパーバッカーと呼ばれる人

RecommendedArticles_ おすすめ記事