日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Project
達成

高評価ウォーゲーム第3弾!日本語版が最初から選べる!「Napoleon (ナポレオン) 1815」

中川コージ
中川コージ

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 食わず嫌いにこそオススメしたいウォーゲーム(ウォーシミュレーション)、久しぶりのダイヤの原石PJTをKSで発見
  • 日本国内ウォーゲーム出版で評価が高いボンサイゲームズが認めた『ナポレオン1806』『ナポレオン1807』に続く、ナポレオンシリーズ第3弾『ナポレオン1815』。2人だけでなく、3人プレイも可能
  • ストレッチゴールなど関係なく、当初より日本語版を選択可能。ルール、カード、プレイヤー・リファレンスなど、ボンサイゲームズ制作の日本語化バージョンを選べる

プレッジ(支援)総額 ※5月20日現在(残り6日)
¥5,376,867 (目標額¥1,329,492)

バッカー(支援者) 436人 | うち日本から 15人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

実は最初、ガン無視してしまった“パス”案件。ウォーゲームというのはプレイ相手を選んでしまうゲームジャンルだ。多くが2人限定というのはまだ良いのだが、プレイ時間が数時間から数十時間(!!)までとヒジョーに長い。
興味はある、だがプレイしたことはない、という非電源ゲーマーも多かろう。僕自身はウォーゲームに愛着があるものの、その多くが積みゲーとして僕のコレクション棚に死蔵されてしまっている。本PJTのトップ動画も、まったく味気のない作りで、コリャだめだと最初は思った。

ところが!である、PJT本文を読み進めると、英・仏・西語に加えて、日本語版が最初から準備されるというじゃナイですか! なぜ?? ぬぁんと、ボンサイゲームズさんが日本語版制作とな! ちょっとぉソレ早く言ってくださいよー。

ボンサイさんといえば、ここ数年、日本のウォーゲームシーンに新しいエネルギーを与えてくれている。『第一次・第二次上海事変』、『モスクワ電撃戦2』、『大東亜共栄圏』などは、伝統的なウォーゲームのエッセンスを詰め込みながらプレイ時間が短縮されていて、ウォーゲームを敬遠する非電源ゲーマーにも刺さった。同社が本PJTの日本語版を制作するのであれば、ウォーゲーム食わず嫌いゲーマーにも朗報だ。ボンサイさんの審美眼は間違いなかろうし、ルールも日本語でイケる。

ウォーゲームをやってみたいけど、どうしようかしら、と悩めるひとは、本PJTを蹴りつつボンサイさんの軽いウォーゲームをプレイして、『ナポレオン1815』の到着を待とう。2人プレイと3人プレイが用意されたユニークな作品だ。ウォーゲームの食わず嫌いはもったいないぞ。
(中川セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
€50(約¥6,648)以上
のプレッジ(支援)額
Lineman

Napoléon 1815 1セット

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

Napoléon 1815 (ナポレオン1815)

軍隊を指揮して天下分け目の決戦に挑む、ウォーゲーム
https://www.kickstarter.com/projects/shakos/napoleon-1815-when-the-game-meets-history

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「中川コージ」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
【あわせて読みたい】

インタビュー
なぜ、支援するのか。
スーパーバッカーと呼ばれる人

RecommendedArticles_ おすすめ記事