日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Project
達成

キャンプで野外シネマ! タフなモバイルプロジェクター FILMATIC フィルマティック

早坂英之
早坂英之

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 約200gの超コンパクトなモバイルプロジェクター
  • キャンプで野外シネマを楽しむなど、屋外での使用に耐えられる防滴・防水・防塵、耐衝撃仕様。スピーカーやランタンとしても使用可能
  • Android OS搭載で、ネット動画も写真も簡単に見られる。室内でも活躍

プレッジ(支援)総額 ※5月30日現在(残り12日)
¥36,118,504 (目標額¥2,207,870)

バッカー(支援者) 872人 | うち日本から 30人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

キャンプブームが続きますが、最近ではテントサイトでプロジェクターを楽しむ人も見られるようになりました。野外シネマのような使い方で、子どもたちはもちろん、大人でも結構盛り上がります。

屋外で使うプロジェクター選びのポイントは、1)バッテリー内蔵式であること。2)軽量で持ち運びやすいこと。この2点が最優先で、次に3)できるだけ明るい※200ルーメンはほしい。4)防水機能があると便利、と続きます。

これらの条件を備え、他にも便利な機能を盛り込んだのが「FILMATIC(フィルマティック)」です。アボカド1個ぐらいの大きさで重さは約200g。耐衝撃・耐振動・防塵・防滴/防水性能(IPX6)スペックは屋外での使用を前提に設計されたもの。不意な雨や落下にも耐えられます。

明るさは200ルーメン。バッテリー容量は5000mAh、画面サイズ30~120型と、この点はモバイルプロジェクターの標準スペックです。台形補正、オートフォーカス機能を搭載しており、細かな設定をせずに使えるのがうれしいポイント。モバイルプロジェクターの中でも上位機種が持つ性能です。

さらにFILMATIC はAndroid OSを搭載しているので、スマホのテザリング機能を使えばAmazon PrimeビデオやNetflix、Huluなどを接続ケーブル無しで視聴することができます。もちろん、自宅で使うなら家のWi-FiでOK。食卓にFILMATICを置いて、リビングの壁にスマホの映像や写真を投影することも可能です。外でも中でも、家族や友達とプロジェクターを楽しむことができる。使い方の幅が広がります。

そのうえランタンにもスピーカーにもなるなど、これでもかというほど機能がてんこ盛り。リワードはSuper Eary Birdで2,635香港ドル(約3万7300円/送料無料)、Eary Birdでも2,869香港ドル(約4万600円/送料無料)ほど。Amazonや家電量販店で購入できる一般的なモバイルプロジェクターと同じぐらいの価格です。多機能なことを考えたら十分お得ですよね。
(早坂セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
HK$ 2,635(約¥37,294)以上
のプレッジ(支援)額
Super Early Bird-FILMATIC *1

希望小売価格$599より43%オフ

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

FILMATIC フィルマティック

小型なのにパワフルなアウトドア向けプロジェクター。ワイヤレス丨ウォータープルーフ丨耐落下性能丨プロジェクター&スピーカー&ランタンの1台3役
https://www.kickstarter.com/projects/filmatic/filmatic-worlds-smallest-and-powerful-outdoor-projector

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「早坂英之 Hideyuki Hayasaka」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事