日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

ギター弾き注目! 伝説の名器をベースにしたマニアックな歪み系エフェクター Quad Screamer クワッドスクリーマー

狩野文孝
狩野文孝

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • ギターエフェクターの名器「Tube Screamer 808」をベースに作られたハンドメイドのオーバードライブペダル
  • ダイオードにシリコン、LED、MOSFET、ゲルマニウムの4種類を搭載。歪みの音色を組み合わせることが可能
  • オペアンプはICソケットで搭載されているので、簡単に別のオペアンプと交換ができる

プレッジ(支援)総額 ※5月31日現在(残り7日)
¥380,420 (目標額¥77,859)

バッカー(支援者) 21人 | うち日本から -人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

ギタリストは要注目!なエフェクターがキックスターターに登場しています。「Quad Screamer(クワッドスクリーマー)」という名前からもわかるように、歪み系エフェクターの名器「Tube Screamer 808(チューブスクリーマー)」の回路を参考にして作られたTS系オーバードライブです。

とはいえ、単にTube Screamer 808の音を再現しているわけではありません。最大の特徴は、4つの異なるクリッピングステージが用意されているということ。もっとわかりやすく言えば、歪みの音色を作り出す電子パーツが4種類内蔵されており、それぞれを単独で使ったり数珠つなぎにしたりして、最大15個の組み合わせが楽しめるようになっている、というエフェクターです。なかなかマニアックな仕様ですね!

歪み系エフェクターのアナログ回路では、音を歪ませるためにダイオードという電子パーツが使われます。ダイオードにはいろいろな種類があり、何を使うかによっても音色が微妙に変わってきます。このQuad Screamerでは、シリコン、LED、MOSFET、ゲルマニウムというギターエフェクターでよく使われるダイオードを4つ搭載。エフェクター上面のボタンを押すことによって、使用するダイオードを簡単に切り替えることができます。

プロジェクトページの解説によれば、シリコンは古典的なサウンド、LEDはより大きくてよりオープンなサウンド、MOSFETはタイトでよりアグレッシブなサウンド、ゲルマニウムは甘いサウンドを楽しめるとのこと。また、ペダル背面にはハイゲインモードに切り替えるスイッチを搭載。もう少しダーティーな歪みをプラスしたいときに使います。実際のサウンドは、公式のYouTubeページでチェックしてみてください。

さらにマニアックな機能として、エフェクター内の信号を増幅する「オペアンプ」という電子パーツも簡単に交換ができるようになっています。底面のふたを外すとICソケットにすぐアクセスできるので、付属のRC4558(Texas Instruments製)を取り外し、ハンダ付けなしで自分の好きなオペアンプと交換することが可能。

オペアンプもメーカーや型番によって音色が微妙に変化するので、エフェクター好きにとって奥が深く、沼にハマりやすい電子パーツです。ICソケット付きならパーツ交換がしやすいので、オペアンプの種類で音の変化を楽しみたい人にも最適ですね。

ちなみに、このエフェクターを手がけているのはイギリスのマンチェスターに工房を構え、ほぼハンドメイドでギターエフェクターを作っている「Audiostorm(オーディオストーム)」。いわゆるブティック系のエフェクターメーカーです。少量生産のようなので、「誰も持っていないユニークなTS系オーバードライブが欲しい!」という人にもオススメ。興味のある方は公式サイトにアクセスしてみてください。
(狩野セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
£125(約¥19,465)以上
のプレッジ(支援)額
Quad Screamer Pedal

シリアルナンバー&サインが入ったボックス付き

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

The Quad Screamer クワッドスクリーマー

シリコン、ゲルマニウム、LED、MOSFETのクリッピングステージを切り替え可能な、Tube Screamerスタイルのギターペダル
https://www.kickstarter.com/projects/seanmandrake/the-quad-screamer/

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「狩野文孝 Fumitaka Kano」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事