日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

スワイプするだけで、一瞬で老眼鏡に!? スマホとも連携する未来のサングラス 32°N

狩野文孝
狩野文孝

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • スワイプ操作で老眼鏡(リーディンググラス)にもなるハイテクなサングラス
  • 焦点距離(レンズ倍率)を動的に変えられるアクティブレンズを採用
  • スマホアプリと連携すれば、レンズ倍率などを自分好みに変更・調整できる

プレッジ(支援)総額 ※6月23日現在(残り22日)
¥12,138,028 (目標額¥2,760,399)

バッカー(支援者) 415人 | うち日本から -人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

一般的に、人間は40代になると老眼が進んでいくと言われています。私も今40代なのですが、最近近くの文字が少し見づらくなってきているんですよね……。もっと進行したら、老眼鏡が必要になるときがくるかもしれません。

そんな老眼入門者の私が今大注目しているのは、スワイプ操作で老眼鏡(リーディンググラス)に切り替えられる「32°N」というサングラスです。キックスターターで、ローンチからわずか12時間で目標額を達成。世界中のバッカーから支援を受け、記事執筆時点で1200万円を超える資金調達を実現しています。

これ、見た目は単なるサングラスのようですが、実はものすごくハイテクなんです。耳にかけるテンプル(つる)部分に「スワイプセンサー」を搭載し、レンズには動的に焦点距離を切り替えられる「アクティブレンズ」を採用。通常はサングラスとして使いつつ、本や文字を読むときにはスワイプすることで、小さな文字なども読みやすくなるのだとか。こりゃすげー!

しかもスマホと連携すれば、レンズの倍率レベルをアプリから調整可能というのだから驚き。アクティブレンズにより、自分の目に最適な倍率にすることができるというわけです。セッティングは一度アプリで行うだけでOK。通常はスマホなしで利用可能とのこと。

クリエイターであるDeep Opticsは、2011年に設立されたイスラエルの新興企業。電気光学分野で豊富な経験をもつ起業家とエンジニアによるチームだそうです。最近イスラエルのクリエイターさんって、技術力の高いプロジェクトが多いので要注目です(あくまで個人的な印象ですが)。

この32°N、普段からサングラスと老眼鏡の2つを持ち歩いているような人にはオススメできそう。ちなみに現時点では色付きのサングラスのみの提供ですが、今後サングラスではない透明タイプのものも提供予定だとか。レンズの倍率を後から調整できるので、老眼鏡が必要そうな親や年配の方へのプレゼントにもいいかもしれません!
(狩野セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
US$ 229(約¥25,286)以上
のプレッジ(支援)額
Early Bird

希望小売価格$449より$220お得。
USB-C充電ケーブル/クロス/ケース付き。
色は黒またはキャラメルから選択

Kickstarter.comでリワード詳細を見る
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「狩野文孝 Fumitaka Kano」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事