日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
未達日本発

ありそうでなかった傑作!虫モチーフのボードゲーム「Bug Council of Backyardia|庭国の虫会議」

鈴木隆介
鈴木隆介

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • トリックテイキングにマンカラ要素を融合した新システム
  • ステイホームに最適なソロプレイ対応
  • 虫をモチーフとした魅力的なコンポーネント

プレッジ(支援)総額 ※8月7日現在(残り20日)
¥709,709 (目標額¥2,500,000)

バッカー(支援者) 240人 | うち日本から 85人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

アナログゲーム好きには説明不要の「トリックテイキング」に、世界最古ともいえる伝統ゲーム「マンカラ」のシステムを見事に組み込んだ、ありそうでなかった傑作!

強いスートが次々と変わる独特のプレイ感に加えて、負けた人にもプレイに介入できるチャンスがあるルールにより、あえて負けるというプレイが有効になる高いゲーム性が魅力です。

最後まで順位がめまぐるしく変わり、全プレーヤーを飽きさせないスピード感ある作品です。ソロプレイにも対応しているのが、このご時世とても嬉しいですね。

ポップでキュートな虫モチーフのコンポーネントも個人的には大変好み。すでに発表されている特典カードからも窺える拡張性の高さと、なにより斬新なシステムで、新たなジャンルを確立するかもしれない可能性にみちた本作、要チェックですよ!

詳しいプレイ内容についてはこちらの動画が非常にわかりやすいので是非ご覧になってみてください。

(講談社クリエイターズラボ 鈴木隆介セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
¥2,800以上
のプレッジ(支援)額
Council Member

ゲーム本体1個+達成したストレッチゴール
+特典の「セミとカマキリ拡張」

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

Bug Council of Backyardia
庭国(ていこく)の虫会議

「バックヤーディア庭国」では、虫の部族長が集まり、虫会議を開催しています。
プレーヤーはこのバックヤーディア庭国で名をあげる為に、虫会議を操り、時には秘密で部族と手を結ぶなど、様々な策を巡らせます。
クリエイター:Patrick Engro (東京, 日本)
https://www.kickstarter.com/projects/engrogames/bug-council-of-backyardia

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「鈴木隆介」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事