日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Project
達成

道端の「片手袋」5000枚以上を撮影! マニアの世界にようこそ →成功

KS Navi編集部
KS Navi編集部

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

Picked by Navi編集部

幼少の頃にウクライナの絵本『てぶくろ』を読んでから、道に片方だけ落ちている手袋が気になりはじめたという、石井公二さん。やがて2005年からは、街で出会う「片手袋」を見つけるたびに写真撮影するようになり、発生のメカニズムなども研究しはじめました。以来、15年間にわたって撮影した片手袋の写真は、なんと5,000枚以上。

今回のプロジェクトは、そんな石井さんのユニークな視点に惹かれる人々に向けて、これまでの研究成果をまとめた英語版のビジュアルブック『LOST GLOVE on the road』を制作し、手元に届けることを目標としています。

誰もが見過ごしてしまいそうな道端の片手袋。憑りつかれたかのように写真を撮り続けてきた石井さん。
一枚一枚の写真から、
人生が、生活が、孤独が、幸福が……
都市が、日本が、世界が……
見えてくる。そんな気がします。

石井さんのように何かに「はまっている」人も、「はまってみたい」人も、
ぜひ一度、じーっと覗き込んでみてください。

2020年11月14日現在
¥310,009 の総プレッジ額 (¥100,000 中)

バッカー人数 62人
日本からのバッカー数 37人

※このプロジェクトは2020年11月14日 までにゴールを達成した場合のみファンディングされます

おすすめのリワード(リターン)

¥3,500 以上のプレッジ
“LOST GLOVE on the road” 印刷本

『ロスト・グローブ・オン・ザ・ロード』ビジュアルブックの印刷版をお送りします。
リワード内容:
・お礼のメール
・“LOST GLOVE on the road” 印刷本

¥5,000 以上のプレッジ
電子書籍 (お名前を本に掲載)

『ロスト・グローブ・オン・ザ・ロード』電子書籍版をお送りします。この本には、あなたのお名前をバッカー(支援者)のリストに入れさせていただきます。
リワード内容:
・お礼のメール
・“LOST GLOVE on the road” 電子書籍
・あなたのお名前を本のクレジットに掲載

プロジェクトのストーリー

道端に落ちている片方だけの手袋を、
気に留めたことはありますか?

日本には、この片手袋を何年にもわたって記録し続けている人がいます。

彼の名は石井公二。

彼は「片手袋研究家」として、15年間で約5,000個の片手袋の写真を撮り続けてきました。片手袋がそこにある理由から、季節との関係に至るまで、つねに研究し、語り、映画や文学に登場する片手袋についても分析しています。

彼は、自分のルールに忠実で、片手袋を見つけたら必ず写真を撮ります。
そのこだわりが、いくつかの強烈なエピソードを生み出しました。
ある夜、終電に乗り遅れてタクシーに乗っていた彼は、窓の外に片手袋を見つけました。彼はタクシーを止めることはできませんでしたが、ベッドで横になって悶々とした後、自転車で1時間かけて手袋の場所に戻り、写真を撮って帰ったといいいます。
また彼は、バスの窓から外を見ないようにしているそうです。なぜなら、片手袋を見たら降りて写真を撮らないといけなくなるから……

本当にクレイジーですね!

石井公二 談:

「2004年、当時日本で流行しはじめたカメラ付きの携帯電話で、はじめて片手袋を撮影。以来15年間、片手袋を見つけたら必ず撮影するというルールを自分に課してきました」

「ふと自分の写真フォルダを見返してみた時、結婚・子供の誕生・保育園や小学校への入学・家族旅行と、人生のあらゆる節目や記念日に必ず片手袋の写真も混じっているのです。いや、片手袋の写真の中に、家族や自分自身の写真が混じっている、と言ったほうが正確かもしれない。大げさではなく、片手袋とともに歩んできた人生と言えるでしょう」

↑石井さんの人生の節目には、必ず「片手袋」が……。(左)お子さんが生まれた日、(右)家族旅行中に撮影。

「手袋は、われわれ人間の生活や仕事にまつわるあらゆる場面で使用されています。それゆえ、ひとたび路上に目を向けてみると様々な目的で使用された片手袋が、あらゆる場所に落ちていることに気づきます」

「その状態に至った経緯を想像しながらさらに読み解くと、季節や時代性、人間の行動特性や都市の変化など、片手袋の背後に存在する、多くのものが見えてきます。ミクロな事象からマクロな視点を得られる興奮。これこそが片手袋研究の醍醐味なのです」

↑今までも、写真展の開催(上)やトークイベント(下)などで「片手袋」研究の成果を発表。

「私自身の15年にわたる研究を通して、日本だけでなく世界各地にも、片手袋や路上観察に関心のある人たちが多くいることに気づきました。そして“路上”へのアプローチの仕方が、日本の私とは異なることも、同時にわかってきました」

「世界的に“路上”が大きな舞台となりつつある今。このプロジェクトを通じて私の研究成果を発信することで、全く価値観の異なる人々が行き交う“路上”を世界中の人々があらためて考えるきっかけにしたい、というのも重要な動機となっています」

ビジュアルブック『ロスト・グローブ・オン・ザ・ロード』

「片手袋」分類表ポスター

「片手袋」グッズ (キーホルダー2種、ワッペン)

ビジュアルブック “LOST GLOVE on the road”

路上の「片手袋」に関する15年間の研究成果を公開
https://www.kickstarter.com/projects/betsushiten/photo-zine-lost-glove-on-the-road

もっとくわしく知る
このPJTにバックする

RecommendedArticles_ おすすめ記事