日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

“働く犬たち”の普段は見せない貴重な姿を7年かけて撮影!写真集「Good Dogs of Service」

Yasuyo Otake
Yasuyo Otake

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 介助犬や救助犬、警察犬など、“働く犬たち”にスポットを当てた写真集を制作
  • ポートレート写真家として約30年のキャリアを持つ米国人クリエイターが7年かけて撮影した集大成
  • 収益の一部は介助犬や救助犬を支援している9つの非営利財団に寄付され、彼らの食事やおもちゃに

プレッジ(支援)総額 ※11月22日現在(残り0日)
¥2,888,030 (目標額¥2,853,559)

バッカー(支援者) 125人 | うち日本から 1人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

世界中から集まった、様々なプロジェクトが展開されているKickstarterですが、なかでも写真集のプロジェクトはとくに充実!

風景やポートレート、ドキュメンタリーなど、ジャンルは多岐にわたりますが、いずれも写真家がライフワークとして数年、数十年かけて撮りためた集大成ともいえる貴重な作品集が多いのが特徴です。

今日ピックアップしたいのは、“働く犬たち”にスポットを当てた写真集「Good Dogs of Service (グッド ドッグ オブ サービス)」。 登場するのは障がい者の手助けをするための介助犬や盲導犬、災害現場や戦地といった危険がともなう現場の最前線で活動する救助犬や警察犬など、世界中のあちこちで活躍する20頭の犬と、彼らをサポートするハンドラーたち。

ポートレート写真家として約30年のキャリアを持つアメリカ人クリエイターのLynn Cobbさんが7年かけて撮影しました。

Lynnさんがこのプロジェクトをスタートさせたのは、彼らが自分たちの能力を最大限発揮するために多くの献身的なトレーニングを重ね、世界にどれだけ貢献しているかを知ったことがきっかけだったといいます。

このプロジェクトで彼女が果たしたい使命は、一人でも多くの人に“働く犬と、彼らをサポートする人々”の存在を知ってもらうこと。

たとえ街中で見かけても仕事中の犬たちと触れ合うことって禁じられていますよね。それもあって、私たちが彼らのことを知る機会はなかなかありません。

でも、本書には訓練中の彼らの様子はもちろん、ハンドラーと一緒のリラックスした様子など、普段我々が目にすることのない、ありのままの姿が収録されるようです。 また、収益の一部は介助犬や救助犬を支援している9つの非営利財団に寄付され、フードや動物病院の費用、そして遊ぶためのおもちゃなどに活用される予定とのこと。

総ページ数は105、サイズは約20×25cmのハードカバー。リワード(返礼品)のお届けは2022年春を予定しています。

Kickstarterではクラウドファンディングを11月22日まで受付中です。

(Otakeセレクト)

おすすめのリワード(リターン)
US$ 30(約¥3,424) 以上
のプレッジ(支援)額
1 Book (Signed Edition)- Early Bird

リワードの詳細を見る

Good Dogs of Service
グッド ドッグ オブ サービス

美しいポートレートとパーソナルストーリー~素晴らしい介助犬、働く犬たち、そして彼らを訓練するハンドラー
クリエイター:Good Dogs of Service
https://www.kickstarter.com/projects/gooddogsofservice/good-dogs-of-service

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「Yasuyo Otake」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
「Instagram掲載プロジェクト」 一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事