日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成日本発 | Project We Love

日本発!「双子のライオン堂」による文学系カードゲーム新作が2本同時発表!PJT初日に目標額達成

KS Navi編集部
KS Navi編集部

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 20以上のボードゲームを生み出した日本のクリエイター新澤大樹さんによる新作カードゲーム
  • 怖い店長にバレないように…王子様の動きに合わせるように…凝った設定がクセになる!
  • 開始初日に目標額を達成、快進撃のプロジェクト!

プレッジ(支援)総額 ※12月14日現在(残り5日)
¥3,022,709 (目標額¥1,234,600)

バッカー(支援者) 551人 | うち日本から 62人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

怖い店長にトランプを奪われた“ぼく”を主人公とした『American Bookshop』、舞踏会に参加できなかったシンデレラを主人公とした『Cinderella’s Dance』という、2種類の新作カードゲームがKickstarterにて同時ローンチされ人気を集めています!

デザイナーの新澤大樹さんは、これまで20作以上の工夫を凝らしたトリックテイキングゲームを発表。「マスクメン」「ゴーストオブクリスマス」などの数多くのカードゲームを生み出している日本の大人気クリエイターです。 『American Bookshop』
テーマは「本屋と文学」。『銀河鉄道の夜』『ドン・キホーテ』『老人と海』『失われた時を求めて』など、語り継がれる不朽の名作が描かれた「本」カードを使って遊ぶゲームです。本好きにとってはたまらない世界観ですよね! そして、大切なのは、「怖い店長にバレないために、本を整理するフリをしている」という設定を忘れないこと。凝った設定に思わず熱中してしまいます。
他のプレイヤーが『銀河鉄道の夜』を出した場合、続くプレイヤーも『銀河鉄道の夜』の「本」カードを出さなければいけません。手札がなかったり、間違えて『ドン・キホーテ』を出してしまったら、負けてしまうのです。他のプレイヤーの動きを見ながら、店長にばれないようにゲームを進めましょう! 『Cinderella’s Dance』
テーマは「童話」。1~21の数字が書かれたカードを利用して、相手の手札を予想しながら自分のプレイ(手札のカードを場に出す)を決めるゲーム。想像するのは、王子様と踊るシンデレラの気持ち。相手の動きに合わせて、理想の自分の出方を模索します。
シンデレラがもし舞踏会に行けていたら…カードゲームに「感情」という要素を組み合わせたゲームは、非常に画期的です!

プロジェクトを立ち上げたのは、東京・赤坂にある小さな書店「双子のライオン堂」。本の販売や出版に加え、物語や本をテーマにしたボードゲームを制作しています。今回紹介した2つのカードゲームに魅力を感じたら、直接店舗に足を運んでみるのもよいかも。新たなゲーム、物語との出会いが待っているかもしれません!

プロジェクトは初日で目標額を達成。その後目標額200%を達成したため、ストレッチゴールとして「アメリカンブックショップ」のストーリーを描いた掌編小説付きポストカードが追加されます! 大好きなトランプを奪われた“ぼく”の孤独な物語を、覗いてみたくありませんか…?

リワードとして、2種類の商品の割引価格での入手、特に2点同時選択の場合は27%OFFでの入手が可能です。ボードゲームと文学の出会いを、より多くの方々に体験してもらえますように!
(MYセレクト)

おすすめのリワード(リターン)
¥3,450 以上
のプレッジ(支援)額
Special Set

アメリカンブックショップ、シンデレラのダンスのセット

Kickstarter.comでリワード詳細を見る

American Bookshop,Cinderella’s Dance
アメリカンブックショップ、シンデレラのダンス

ユニークなトリックテイキングゲームを2つお届けします。
クリエイター:双子のライオン堂
https://www.kickstarter.com/projects/liondogames/american-bookshopcinderellas-dance

もっとくわしく知る(日本語)
もっとくわしく知る(米国サイト)
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「KickstarterNavi編集部」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事