世界初・最大のクラウドファンディング「キックスターター」公式ナビ KICKSTARTER NAVI

KICKSTARTER NAVI

Project
達成

Hanafudaを世界に広めたい! アメリカ製の「ジュニア花札」 →成功

Miki
Miki

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

※ 動画は、英語版の後、2:10から日本語版の動画が再生されます。

Picked by Miki

いまや世界中に広がり、コミュニケーションに欠かせないツールとなった絵文字文化。日本発祥なだけあって、日本独特の絵文字の多くがそのまま世界中で利用されています。

「花札」の絵文字 🎴もそのひとつ。元 Apple 出身の人気デザイナー Louie Mantia, Jr. さんは、以前からこの絵文字の存在は知っていたものの、その意味については知らなかったといいます。2年前、「flower playing card」の絵文字デザインを担当することになったのが、花札について知るきっかけとなりました。
「2年前に花札の存在を知ったとき、私はすぐに恋に落ちました。日本から数十組の花札、花札や日本のデザインに関する本、そして何百枚ものデジタル画像を集めました。友人の愛理と京都に行き、200年以上花札を作り続けている大石天狗堂を訪ねました」と語るLouie さん。
花札にハマったはいいものの、さっそく友人たちに布教を試みたところ、初心者には月(スート)を見分けるのが難しく、その楽しさが伝わりにくいことに気づいたとか。そうして生まれたのが、こちらの『Junior Hanafuda』です。

アイコンデザイナーとしての経験を活かし、初心者でも月を判別しやすいようシンプルで親しみやすく、なおかつ元の札のモチーフに忠実なデザインを追求しています。札のサイズも通常のトランプと同じ大きさで、手の大きい海外プレイヤーに扱いやすいサイズとなっています。
この発想は、まさにアメリカならでは。元 Apple デザイナーとしてのセンスが光る、今までにない花札をこの機にぜひゲットしてください!

2020年10月05日 11時現在
¥1,892,554 の総プレッジ額(支援総額) (¥1,580,025中)

バッカー(支援者)数 270人
日本からのバッカー数 12人
残り日数 24日
このプロジェクトに
バック(支援)する

※このプロジェクトは2020年10月30日までにゴールを達成した場合のみファンディングされます。
※バック(支援)金額は、達成した場合のみクレジット決済されます。不成立の場合には請求は発生しません。

おすすめのリワード(リターン)

US$ 30 (約 ¥3,161) 以上のプレッジ(支援総額)
Dragon & Tiger 龍虎版

リワード内容:
Dragon (Blue) 龍版(青)
Tiger (Red) 虎版(赤)

リワードの詳細を見る
US$ 60 (約 ¥6,321) 以上のプレッジ(支援総額)
Complete Collection 完全版

リワード内容:
Dragon (Blue) 龍版(青)
Tiger (Red) 虎版(赤)
Phoenix (Bright Blue) 鳳凰版(青)
Paulownia Wood Box 桐箱

リワードの詳細を見る

プロジェクトのストーリー

2年前に花札の存在を知ったとき、私はすぐに恋に落ちました。日本から数十組の花札、花札や日本のデザインに関する本、そして何百枚ものデジタル画像を集めました。友人の愛理と京都に行き、200年以上花札を作り続けている大石天狗堂を訪ねました。

花札には十二種類のスートがあり、それぞれのスートに花や植物が描かれています。 それはそれで大変なことです。もちろん、カードのイラストも一枚一枚が個性的です。友人とゲームを始めてみて気付いたのですが、初心者はスートの見分けるのが難しいことに気が付きました。花札をもっと親しみやすいものにしようと、これらの問題を象徴的に解決する方法を探してみました。

何百年も前から、藩や家族、組織は自分たちを表すために「紋」を使ってきました。太鼓、旗、瓦、着物、車、飛行機、ゲームの中など、現代的なものから伝統的なものまで、日本中のあらゆる場所でこのシンボルの例を見ることができます。 ジュニア花札には「紋」が適しているように思えたのです。

アイコンデザイナーである私の感性の中で、花札の花、草木、動物、オブジェのすべてに一貫した紋があることにワクワクしました。ジュニア花札では、プレイヤーのために視覚的に区別しながらも、お互いを引き立て合うように緻密に描かれています。

ジュニア花札では、各スートの「紋」が隅にインデックスとして配置され、カードの種類は中央の「紋」を囲む色や模様で描かれています。

ジュニア花札はポーカーサイズで、カードバックのデザインは古典的でありながら全く新しい感じがし、花札にはあまり見られないようなテーマの植物や動物が描かれています。外枠には竹、四角には雀、中央には富士山が描かれています。

その結果、今までにない花札デッキが出来上がりました。各デッキには56枚のカードが入っています。各デッキには48枚のスタンダードカードと、最大4人で遊べるボーナスカードが入っています。デッキ自体には説明書はありませんが、様々なゲームのルールはジュニアのホームページ( junior.cards )で見ることができ、印刷することもできます。

ジュニア花札は、ケンタッキー州アーランガーにあるU.Sプレイングカード社が製造しています。彼らは、Bee®やBicycle®のデッキで有名で、トランプの品質の高さで世界的に知られています。ジュニア花札は、クラシックなエンボス加工が施されたプレミアムカードストックに印刷されます。

コンプリートコレクション(完全版)とデラックス(豪華版)の2段には、山口県長門市で製造されたの特別な桐箱に入っています。デラックス(豪華版)には、サイン入りのノーカットのフェニックス·シートも入っています。

ジュニア花札はこの数年、私にとってとても大切なものでしたので、これからも世界中のカードをたくさん作って、皆さんやお友達、ご家族に楽しんでいただけることを楽しみにしています。今回のプロジェクトを検討してくださった方、本当にありがとうございました。

この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「Miki」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事