日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

絶対カビさせない!汚れや雑菌が隠れる場所をなくした“最高に清潔”なマイボトル「S+ PURE Eco」

Yasuyo Otake
Yasuyo Otake

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 洗いにくいパッキンなし!パーツはすべて分解して丸洗い可能!
  • 底面は飲み残しがたまりにくいU型。汚れや雑菌が隠れる場所をなくしたデザイン
  • プロテインなど、粉末状のドリンクを作るときに便利なメモリ付き。熱い飲み物もOK

プレッジ(支援)総額 ※1月19日現在(残り50日)
¥895,134 (目標額¥341,500)

バッカー(支援者) 154人 | うち日本から -人
Kickstarter.comでプロジェクト詳細を見る

繰り返し使うことで日々のゴミを減らせるマイボトル。SDGsの観点からも、絶対に持っていたほうがいいのだろうなと常々思っていました。でも、いざ入手するとなったら、どんなものがいいのか迷ってしまうほど種類が多い!

重さや使いやすさ、容量、デザインなど、気になるポイントは多々ありますが、なかでも“清潔であること”を重要視する人に自信を持っておすすめしたいのが、ただいまKickstarter(キックスターター)でプロジェクトを展開中の「S+ PURE Eco (エス プラス ピュア エコ)」です。 この数年、潔癖症ではない人でも口に入れるものの衛生状態が気になるようになったのではないでしょうか。マイボトルが雑菌の温床になってしまうなんてことだけは、絶対に避けたいところ…。 その点、「真に大切なことは健康である」というクリエイターの考えのもと、”最高の清潔さ”を実現すべく考案されたS+ PURE Ecoなら安心! 一番のポイントは、汚れや雑菌が隠れる場所を一切なくしたデザイン! パーツをすべて分解して丸洗いできるのはもちろん、ボトル底をU字型にし、あえて角を作らないことで飲み残しを付きにくくしているんです。 さらに素晴らしいのは、中身の漏れ防止用にシリコンやゴムのパッキンを使っていないこと。パッキン部分って、重要な役割をしている一方、残念ながら汚れが付着しやすく、しかもカビやすいんですよね…。そこで、S+ PURE Ecoはフタに伸縮性のあるポリマー材を採用することで、密閉性はキープしながらも、カビの発生源となりうる要素自体を排除。小さなことですが、これは水筒界の革命といってもよいのでは…! ボトル本体はガラスと同等の透明度を持ちながら、軽くて丈夫なバイオベースの素材、ECOZEN®を採用。温度は100℃まで耐えられるので、熱い飲み物を入れても問題ありません。 スペックは重さ210g、容量700ml、サイズ19.5(高さ)×8.4(フタ直径)cm。色は白、ピンク、ブルー、ブラックの4色からチョイスが可能です。

マイボトルをいつでも清潔にキープしたい人はもちろん、これまで買ったものがしっくりきていない人もぜひチェックを!

Kickstarterでは3月11日までクラウドファンディングを受付中です。

(Otakeセレクト)

おすすめのリワード(リターン)
¥3,945以上
のプレッジ(支援)額
S+ PURE Eco | EARLY BIRD

リワードの詳細を見る

S+ PURE Eco
エス プラス ピュア エコ

あらゆるニーズに対応する清潔ボトル。バイオベースの素材ECOZEN®に加え、クリーニングの死角をなくした角なし&ミニマムデザイン。
クリエイター:Sunshing
https://www.kickstarter.com/projects/sunshingtaiwan/s-pure-eco-cleanest-bottle-for-all-your-needs

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「Yasuyo Otake」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
「Instagram掲載プロジェクト」 一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事