日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成日本発

飛騨高山の老舗発! 飛騨杉×漆の職人技が光る美しい食器「Hida-cedar Bowls」

Yasuyo Otake
Yasuyo Otake

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 飛騨杉×漆–日本の自然と伝統工芸を組み合わせた、全工程を一人の職人が手がけるハンドメイド
  • 食洗機に対応。気軽に日常使いできる!洋テーブルにも似合うサイズ、型はKickstarter限定
  • 宝石のタイガーアイを思わせる奥深いつや。飛騨の森を思わせる神秘的なグリーンは限定カラー

プレッジ(支援)総額 ※3月11日現在(残り13日)
¥2,376,681 (目標額¥300,000)

バッカー(支援者) 78人 | うち日本から 3人
リアルタイムの支援金額&バッカー数はこちら

面積の92%が森林の飛騨高山で、三代続く箸専門店「東春慶漆器店」が考案した食器のプロジェクト「Handmade bowls」がKickstarter (キックスターター)で早々にゴール達成。現時点(原稿執筆時点)で、世界から230万円を超える支援が集まっています! リワード(返礼品)として手に入るのは、飛騨杉と漆を組み合わせたお茶碗や汁椀。
軽量であることや、杉材ならではの高い保温・断熱性など、魅力はいくつもありますが、一つ選ぶなら職人の手によって生み出される宝石のタイガーアイのように奥深い色合いでしょう。 使い込むほどに漆特有の艶が出て、次第に木地である飛騨杉の木目が浮かび上がってくる。
よい意味での経年変化を楽しめる、育てて熟成させていく器といっても過言ではありません。 木材の加工から、漆塗りの作業まで、一貫して一人の職人が行っている一点物のハンドメイド。
「天然の杉は漆をよく吸い、乾燥する過程で歪みが生じます。しかし、この歪みこそが魅力的で個性的だと考えました」とクリエイターが言う通り、一つとして同じ形のものがないところも魅力です。 ひとつ、漆器で気になる点をあげるのならば、やはりお手入れでは?
使用後はすぐに手洗いして水気を取らなければいけないなど、扱うハードルが高いイメージを持っている人も多いと思います。しかし、本プロダクトは温度変化に強く、傷がつきにくい漆が採用されているため、食洗機の使用もOK! 日常使いを楽しめそうです。

漆の色は黒、赤、そしてKickstarter限定のブルーの3色からチョイス可能。限定カラーはまさに森の緑を連想させる、神秘的な色合いが素敵です。 いきなり器には手が出せない…という人には、箸と箸置きのセットのプラン(¥1,500)も用意されているので、ぜひチェックを。大切な人へのプレゼントとしてもおすすめです。 Kickstarterでは3月24日までクラウドファンディングを受付中!

(Otakeセレクト)

おすすめのリワード(リターン)
¥9,750以上
のプレッジ(支援)額
Soup Bowl(25% off)

Black / Red / Blue

リワードの詳細を見る

Handmade bowls made of Hida’s cedar and traditional lacquer

森を生かし、森を守る。木のぬくもりを感じる食器で、おいしい食事を楽しむ。日本製。
クリエイター:Higashi Shunkei Lacquer Ware Store
https://www.kickstarter.com/projects/higashishunkei/handmade-bowls-made-of-hidas-cedar-and-traditional-lacquer

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「Yasuyo Otake」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
「Instagram掲載プロジェクト」 一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事