日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

架空の言語同士で会話して「BLABEL」の塔を建てるボードゲーム

Mandy
Mandy

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

Picked by Mandy

「Blabel」(ブラベル)は、スペイン発のKickstarterプロジェクトで、協力型のコミュニケーション推理ゲームです。
Blabelではプレイヤーは職工長となり、ブラベルの塔を建設するために必要な資材について、架空の言語を使ってコミュニケーションを取り合いながら、ヒントを出していきます。

私は、Kickstarterの「Explore(詳細検索)」機能を使って、今まで気づかなかったゲームを探していたのですが、ページを見ているうちにこのゲームが目に留まり、ゲーム名がキャッチーだったので、クリックして見てみることにしました。メインの動画を見てすぐに興味が湧いてきましたね。動画はとてもわかりやすく、ゲームの内容もすぐに理解でき、動画に映っている人たちもとても楽しそうでした。

Blabelでは、正しい資材を他のプレイヤーに架空の言語で伝えて、当ててもらうことができれば、みんなの塔を建造していくことができます。でも、ジェスチャーを使うことができないので、難しいだけでなく、コミュニケーションのミスで大爆笑を誘うこともあります。また、資材を間違えるとブラベルの塔に災害が起こるという上級バージョンもあります。

私は、これを作ったクリエイターたちが、どうやってこのゲームをリプレイ可能なものにするのか、とても興味がありました。架空の言語でも覚えてしまえば、すぐに答えがわかってしまうからです。
しかし、各プレイヤーはゲームごとに独自の架空言語の辞書を取得します。辞書カードの前面、中面、背面がランダムに組み合わされるのです。そのため、毎回異なる組み合わせの架空言語が表示されることになります。よって、リプレイは充分に可能になっています。
このゲームの仕組み、そして、異なる架空言語同士のいくつかの単語が、似たような音を持つようにしている設定は、とても巧妙だと思います。

東京に住んでいると、いろいろな言語の人とコミュニケーションをとる機会があり、いろいろな言語でできるゲームを探しているので、私はすぐにこのゲームに惹かれました。
私の東京のゲームグループであるJIGGには、ヨーロッパ、台湾、オーストラリア、アメリカ、日本など、世界中からゲーマーが集まっています。
時には6カ国からのゲーマーが集まって一緒にプレイすることもあり、「コードネーム」や「タイムズアップ」など、楽しいソーシャル言語の推理ゲームをプレイすることもよくあります。
私たちは英語でこれらのゲームをプレイするのですが、笑えるようなコミュニケーションの誤解があったりして、それが楽しくて忘れられない思い出になっています。

私は日本で英語を教えていましたが、人とのコミュニケーションを学ぶのは本当に楽しいことです。私たちはいつも「場が和む」ゲームを探していました。 Blabelは、そのような、場を和ませて、気軽にプレイできるゲームのひとつだと思います。
誰とでもプレイできそうだし、言葉の壁があるのはゲーム内の架空の言語のことだけなので、有利か不利かは誰もが一緒です。
本当に、友達と一緒にプレイしてみたいし、新しい友達作りにも役立ちそうですよね。

2020年10月15日 18時現在
¥1,110,152 の総プレッジ額(支援総額) (¥804,009中)

バッカー(支援者)数  284人
日本からのバッカー数  -人
残り日数 16日
このプロジェクトに
バック(支援)する

※このプロジェクトは2020年11月01日までにゴールを達成した場合のみファンディングされます。
※バック(支援)金額は、達成した場合のみクレジット決済されます。不成立の場合には請求は発生しません。

おすすめのリワード(リターン)

23 ユーロ (約¥2,848) 以上のプレッジ(支援総額)
Blabel

「Blabel」1セット
(すべてのストレッチゴールを含みます)

リワードの詳細を見る
29 ユーロ (約¥3,588) 以上のプレッジ(支援総額)
Blabel Deluxe

「Blabel Deluxe」1セット
(Kickstarter専用言語とすべてのストレッチゴールを含みます)

リワードの詳細を見る

プロジェクトのストーリー

「Blabel」は、プレイヤーがさまざまな架空の言語を話し、協力して「Blabelの塔」を建設していくゲームです。

Blabelでは、ゲーム内の言語だけでコミュニケーションを取らなければなりません! 指さしたり、ものまねしたり、カードを見せたりすることはできません!

最初は、プレイヤーはお互いをほとんど理解しておらず、お互いの言語の類似性に頼らざるを得ませんが、ゲームが進むにつれて、お互いの言語を理解して話すことができるようになり、より効率的にコミュニケーションをとることができるようになります。

辞書は、このゲームの核となる仕組みです。各プレイヤーは、ゲームの単語をそれぞれ独自の言語でどう言うかを教えてくれる固有の辞書を手に入れます。

お互いの言語を学んで、少し複雑な会話をしましょう!

Blabel (ブラベル)

The game where players speak different languages
プレイヤーがお互い違う言語で会話するゲーム
https://www.kickstarter.com/projects/tomisu/blabel-0

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「Mandy」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事