日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

右折左折をLEDで表示! 安全設計の自転車用ヘルメット「FARO」

早坂英之
早坂英之

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

Picked by Hideyuki Hayasaka

LEDライトを備えた自転車用スマートヘルメット「FARO」がKickstarterに登場! 公開から1日でファンディングゴールするなど、注目を集めています。

このFARO、最大の特徴はヘルメットの前部、後頭部にLEDを備えること。スマートフォンとヘルメット、さらにはハンドルに付けた専用のコントローラーをBluetoothで接続することができ、LEDの点灯はもちろんのこと、方向指示や停止のシグナルも可能というすぐれもの。

LEDの表示は色やパターンをスマートフォンでコントロールできるので、設定次第でド派手なヘルメットにもなります(まるで走るパーティーのような)。もちろんシンプルな設定も可能です。暗闇で自転車を走行していても、後ろのクルマが気づきやすい仕掛けは双方にとってうれしいもの。自転車で通勤通学している人にぜひおすすめしたいプロジェクトです。

この他にも衝撃を与えるとSOSメッセージを発信したり、トラックレコードや消費エネルギーを記録したり、何かとできることがてんこ盛りなFARO。リワードでは耐衝撃性能に優れたMIPS(※Multi-directional Impact Protection System)を選ぶこともできます。※MIPSは、落車などの衝撃から頭部を守るレイヤーシステム。アウターシェル(外側)とインナーライナー(内側)との間に設けることで、高い耐衝撃性能を発揮します。

サイズはS、M、Lの3展開。カラーは4色から選べます。Kickstarter後の予価は219USドル(約23,134円)なので、欲しいと思った人は今のうちにプレッジしましょう。

2020年10月14日 17時現在
¥20,755,685 の総プレッジ額(支援総額) (¥2,108,674 中)

バッカー(支援者)数  1,094人
日本からのバッカー数  -人
残り日数 43日
このプロジェクトに
バック(支援)する

※このプロジェクトは2020年11月26日までにゴールを達成した場合のみファンディングされます。
※バック(支援)金額は、達成した場合のみクレジット決済されます。不成立の場合には請求は発生しません。

人気のリワード(リターン)

US$ 129 (約 ¥13,609) 以上のプレッジ(支援総額)
FARO | Early Bird (早割)

FAROをゲット。色とサイズが選べます(キャンペーン終了後、希望をお聞きします)。

予定価格189ドルの32%オフ。
ナビゲーションリモート(方向指示器+自動ブレーキライト)を29ドルで追加できます。
送料、関税、税金など、(該当する場合)は出荷前に別途計算して請求されます。

リワード内容:
FARO ヘルメット
1年保証
マイクロUSB充電ケーブル
連携アプリ
ほか

リワードの詳細を見る
US$ 159 (約 ¥16,774) 以上のプレッジ(支援総額)
FARO + MIPS | Early Bird (早割)

MIPS搭載FAROをゲット。色とサイズが選べます(キャンペーン終了後、希望をお聞きします)。

予定価格219ドルの27%オフ。
ナビゲーションリモート(方向指示器+自動ブレーキライト)を29ドルで追加できます。
送料、関税、税金など、(該当する場合)は出荷前に別途計算して請求されます。

リワード内容:
MIPS搭載FARO ヘルメット
1年保証
マイクロUSB充電ケーブル
連携アプリ
ほか

リワードの詳細を見る

プロジェクトのストーリー

自転車用のヘルメットは必ずしもスタイリッシュではなく、ライトを付けるとさらにカッコ悪くなったりしますよね。
そこで私たちは、安全で快適で通気性に優れ、スマートでスタイリッシュな、都会的なヘルメットのデザインに着手しました。

私たちは、ライトを含めて一体化された製品になるように、細部にまでこだわって設計しました。ライトはまるでヘルメットの一部であるかのように、見事に調和しています。

路上での自転車事故の多くは、視界不良やコミュニケーション不足が原因で起こります。ドライバーや他のライダーには、あなたがよく見えていなかったり、あなたが次に何をするかわからなかったりするのです。

何百人ものライダーと話した結果、彼らの80%はサイクリングライトを使用しているのに、安全性を感じてはいないということがわかりました。なぜなのでしょうか? 一般的なサイクリングライトは小さく、かなり低い位置に取り付けているためです。そのうえ、簡単に失くしたり、忘れたり、盗まれたりしてしまいがちです。

一方、ヘルメットは通常、シートベルトと同じように機能します。つまり、衝撃を受けた瞬間にしか効果を発揮しません(それにより、あなたの命を救えることは確かですが)。

どうしたらヘルメットがつねに機能するか? ライトを付けるのはどうでしょう。しかもそのライトは、通常のサイクリングライトより大きく、高い位置にあり、より視認性に優れていたらどうでしょう。そう、それこそがまさに、FAROなのです。

すべてのFAROは、国際認証基準を満たすように設計されています。それをさらに高めるために、ヘルメットの安全性について最先端を走るスウェーデン企業のMIPSと提携し、安全面においてFAROを一段階上のレベルにまで引き上げました。

FAROの後ろ側は、布で覆われている部分が特徴的です。このファブリックは、頑丈で破れにくく防水性があり、プールに投げ込んでも使えるスピーカーと同じ種類のものです。

破れにくく水に強いファブリックは、見た目も肌触りも抜群です。
でも、それだけではありません。そう、そのファブリックの内側には、ライトが組み込まれているんです。

ヘルメットにライトを外付けすると、どうしてもSFチックに見えてしまいます。その解決策が、上品なファブリックでカバーすることでした。
昼間には、見た目も手触りも素敵なファブリックですが、夜になると……まるでマジックが起きたかのように、光り輝くのです。

あなたが自転車に乗っているとき、周りからよく見えているというだけでは充分ではありません。あなたが止まったり方向転換しようとしているときには、そのことを周囲の人に知らせる必要があります。 FAROは、アップグレードによって、ハンドルバーリモートによる自動ブレーキライトや方向指示器を組み込むことができます。

なぜハンドルバーリモートはアドオンなのでしょう?

自転車に乗っているときの状況は、人によって大きく異なります。あなたの街では自転車のための設備や環境がどうなっているか、あなたのライダーとしての経験値はどうか、など……すべてが関係してきます。
私たちはロンドン、コペンハーゲン、ロサンゼルス、香港&ベルリンの300人を超えるライダーと話をしてきましたが、方向指示器に対する意見は二分してしまいました。多くの人がこの機能をリクエストしましたが、使わないと断言する人も少なくありませんでした。

私たちは、皆さんの半数近くが不要なアクセサリーを押し付けられ、お金を払うことになるのは避けたいと思ったので、これをアドオンにし、そのぶんヘルメット自体をより手頃な価格にすることにしました。

このアプリは、単にスマホと連携させるだけのものではありません。
ヘルメットをあなたが使いやすいようにカスタマイズする機能はもちろん、あなたが自転車に乗ることが地球環境にどんないい影響を与えているかを測定できたり、さままざな機能を盛り込んでいます。
※アプリは現在開発中です。

オフィスウェアからカジュアルなスタイル、友人との夜のお出かけまで、FAROはあなたのファッションによくマッチします。

FARO (ファーロ): おしゃれで、周囲からの視認性が高いスマートヘルメット

最先端のライトシステム、通気性、MIPSおよび落下検知機能を搭載し、見た目と安全性、快適さを兼ね備えたスマートヘルメットです。
https://www.kickstarter.com/projects/unit1/faro-a-sleek-visibility-first-smart-helmet

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「早坂英之 Hideyuki Hayasaka」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事