日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

ヨガ・稲妻のポーズから誕生!ソファでも和室でも理想の姿勢になれるノートPCテーブル「lunadesk」

西川マレスケ
西川マレスケ

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • ノートPCを置くトレイと、キーボード/マウスを置くトレイの2枚を備えたミニテーブル
  • アーチ型の脚を回転させることで、13インチ(33.05cm)~19インチ(48.26cm)の間で高さを調節可能
  • 2枚のトレイはホワイトボードを兼ねており、ペンでメモを書いたり消したりできる

プレッジ(支援)総額 ※3月28日現在(残り14日)
¥2,616,818 (目標額¥2,461,614)

バッカー(支援者) 74人 | うち日本から 1人
リアルタイムの支援金額&バッカー数はこちら

リモートワークでずっと家の中にいると、たまには場所や目線を変えて仕事がしたくなります。しかしノートPCをソファやベッドに持っていて作業しようとすると、どうしても姿勢が悪くなりがち。そんな悩みを解決してくれるノートPCテーブルがこちら、「lunadesk (ルナデスク)」です。 lunadeskは上下二段のトレイを備え、上段にはノートPCを、下段にはキーボードやマウスを置いて作業できるミニテーブル。ユニークなのがアーチ状のテーブル脚で、2枚重ねになった内側の脚をスライドさせて引き出すことで、トレイの高さを13インチ(33.05cm)~19インチ(48.26cm)の間で調節できるのです。 このギミックにより、ソファやベッド、テーブルの上、さらに膝立ちや立って作業したい時でも、無理のない姿勢と目線に合わせて快適に作業できます。また、2枚のトレイにはホワイトボードのような素材が使われているので、ペンでメモを書いたり消したりできるようになっています。トレイの寸法は幅20インチ(50.8cm)×奥行10インチ(25.4cm)×厚さ0.25インチ(0.635cm)、重量は11.2ポンド(5.08kg)。 この製品は、ヨガの「稲妻のポーズ」がノートPCの作業にも最適というアイデアから生まれたそうで、思わず「稲妻のポーズ」を調べると正座のことでした。つまり、正座で姿勢を正してノートPCで作業をするという、実に和風なコンセプトのミニテーブルなのです。素材も竹とアルミを使用したナチュラルデザイン、とくに和室で仕事をしたい人にはピッタリのアイテムでしょう。
(西川セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
US$ 299(約¥36,802)以上
のプレッジ(支援)額
super early bird | lunadesk

リワードの詳細を見る

lunadesk
ルナデスク

どんな場所でも好きな体勢で作業できるワークステーションに|再生可能な素材を使用した米国製|ヨガにインスパイアされたデザイン
クリエイター:The Lunadesk Team
https://www.kickstarter.com/projects/118591294/lunadesk-transform-any-surface-into-a-workstation

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「西川マレスケ Maresuke Nishikawa」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事