日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成Project We Love

これ絶対便利!スマホやパソコンを遠隔操作できる、タッチパッド付き小型リモコン「CheerTok」

西川マレスケ
西川マレスケ

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • あらゆるデバイスとBluetooth接続。エアマウス、タッチパッド、レーザーポインターとして「使える」
  • スワイプでスクロール、ピンチアウトで拡大、直感的な操作が可能。スマホみたいに「使える」
  • 複数の操作を組み合わせた自動実行コマンド作成=ショートカット機能が「使える」

プレッジ(支援)総額 ※4月12日現在(残り14日)
¥34,722,466 (目標額¥627,110)

バッカー(支援者) 5,120人 | うち日本から 323人
リアルタイムの支援金額&バッカー数はこちら

これは絶対便利なやつ! タッチパッドと物理ボタンで、あらゆるデバイスを遠隔操作できる新スタイルの小型入力デバイス、「CheerTok (チアートック)」がKickstarter (キックスターター)に登場しました。 CheerTokは、表面にタッチパッドとメインボタンを、側面にサイドボタンと音量ボタンを備え、先端にレーザーポインターを搭載したコンパクトな多機能リモコン。接続がBluetoothなので、スマートフォンやタブレット、iPhone、iPad、Windows、Mac、スマートTVなどデバイスを選ばず利用でき、空中で使うエアマウスや、タッチパッド、ポインティングデバイスとして活躍します。 接続するデバイスごとに少しジェスチャーが異なっていますが、タッチパッドを上下左右にスワイプしてスクロールしたり、ピンチアウトでズームしたりと、操作性はスマホと変わりません。レーザーはメインボタンの長押しで照射されます。 たとえば、スマホで自撮り撮影したりライブ配信する際は、いちいち画面をタップしに戻らなくても、CheerTokを使って遠隔操作でシャッターを切ったりカメラの設定を変更できます。タブレットで映画を観る際のリモコンとして使ったり、電子書籍のページをハンズフリーでめくるといった使い方にも便利。さらに、複数の操作を記録しておきワンクリックで自動実行してくれる、ショートカット機能も備えています。 クリエイターはアメリカのCheerDots社で、以前にクラウドファンディングサービスIndiegogoにて、同様の入力デバイス「CheerPod」のプロジェクトを公開、9,000人以上の支援者を集めて達成しています。今回のCheerTokは、このCheerPodの後継モデル。通常のマウスのようにテーブル上で使う地上モードがなくなった代わりに、ジェスチャーがシンプルにまとめられ、物理ボタンが追加されて操作性が向上しました。

スペックは、サイズが幅38×奥行76×高さ10mmで、重量は40g。充電ポートはUSB-Cで、バッテリー容量は200mAh。1回の充電で20日の連続使用が可能。接続はBluetooth 5.0で、通信距離は10mまで。 タッチパッドを備えたことで、マウスよりも複雑な操作を直感的に行えるのがいいですね。意外となかった、使い勝手の良さそうなアイデア製品ではないでしょうか。
(西川セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
US$ 35(約¥4,390)以上
のプレッジ(支援)額
【CheerTok*1】- Super Early Bird

リワードの詳細を見る

CheerTok
チアートック

あらゆるスマートデバイス用 オールインワン ポケットタッチパッド。エアーマウス、タッチパッド、プレゼンター、ショートカットジェネレーター。iPodサイズのタッチパッドで、あらゆるスマートデバイスをワイヤレスでコントロール!
クリエイター:CheerDots
https://www.kickstarter.com/projects/cheertok/cheertok-all-in-one-pocket-touchpad-for-any-smart-devices

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「西川マレスケ Maresuke Nishikawa」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事