日本のクリエイターを世界へ!「キックスターター」公式ナビ KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成

尻の痛みよさらば! 硬い自転車サドルをふわふわにするエアクッションで快走!! 「Cyclemate2.0」

西川マレスケ
西川マレスケ

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • ふわふわのエアクッションが、自転車の衝撃を最大45%吸収してくれる!
  • SサイズとMサイズの2種類があり、スポーツタイプにもママチャリにも使える
  • 前回モデルから空気漏れしないようバルブが見直され、サドルへの装着方法も改善

プレッジ(支援)総額 ※4月18日現在(残り12日)
¥7,022,518 (目標額¥807,438 )

バッカー(支援者) 1,249人 | うち日本から -人
リアルタイムの支援金額&バッカー数はこちら

昨今の自転車ブームに乗り、高価なスポーツタイプに手を出したはいいものの、サドルがやたらと硬くて尻が痛い問題に悩まされていないでしょうか。サドルが硬いのは軽量化のためとか、柔らかいと力が逃げるとか、そもそも正しい姿勢で乗っていれば尻は痛くならないといった正論で返されても、痛いものは痛い。コロナ禍における運動不足をちょっと解消したいだけのエンジョイ勢にとって、あの硬いサドルは尻への負担が大きすぎるのです。 そんな悩みを万事解決してくれるのがこちら、自転車サドル用のエアクッションカバー「Cyclemate2.0 (サイクルメイト2.0)」です。前回のプロジェクトで約2,000人ものバッカーを集めた人気アイテムが、バージョンアップして再登場しました。 Cyclemate2.0の後方にあるバルブを開いて、付属のポンプでシュコシュコと空気を送り込んだら、あとはサドルにかぶせて、前部と後部を面ファスナーでしっかり固定するだけ。デコボコしたエアクッションが体重を均等に支え、地面からの衝撃を最大45%カットしてくれます。 クッションは複数のブロックに分かれているため、通気性も抜群。生地の裏面は滑り止め加工でサドルとズレにくくなっています。また、空気を抜けばコンパクトに畳んで持ち運べるのもポイント。 前モデルと比較すると、空気漏れがないようにバルブが変更されたほか、サドルへの装着が面ファスナーに変更になったことで、よりしっかりと固定できるように改善されているそうです。 サイズは2種類用意されており、スポーツタイプに向いたSサイズが、幅17×奥行28.5×高さ3.4cmで重さ93.5g。一般的なママチャリなどに向いたMサイズが、幅24×奥行26×高さ3.4cmで重さ115g。ママチャリでも乗っていて痛いことは結構あるので、Mサイズを選択できるのはありがたいですね。耐荷重はそれぞれ200kgとなっていますw
(西川セレクト)

おすすめのリワード(リターン)
HK$ 172(約¥2,778)以上
のプレッジ(支援)額
Early bird – Cyclemate Sx1

リワードの詳細を見る

Cyclemate2.0
サイクルメイト2.0

パーフェクトな自転車用シートクッション。快適性、耐震性、耐ストレス性、軽量性、携帯性に優れた設計です。
クリエイター:Cyclemate
https://www.kickstarter.com/projects/367386619/cyclemate20-a-perfect-bike-seat-cushion

もっとくわしく知る
このプロジェクトにバック(支援)する
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「西川マレスケ Maresuke Nishikawa」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事