講談社キックスターターナビ | 日本のクリエイターを世界へ! KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

KickstarterNavi(キックスターター)公式ナビ

Project
達成Project We Love

これが教会? 60年代・若き建築家たちによるモダニズム建築教会を集めた写真集「Sacred Modernity」

Yasuyo Otake
Yasuyo Otake

プロフィール ▼

    • facebook
    • twitter
    • line

プロジェクトのポイント

  • 1960年代を代表する「モダニズム建築の教会」だけを集めた写真集
  • 大胆で挑戦的!“教会”のイメージを覆す、前衛的なデザインは創作のヒントに
  • Kickstarterの支援者限定で、著者のサイン入り初版本が手に入る!

プレッジ(支援)総額 ※7月2日現在(残り0日)
¥1,841,396 (目標額¥1,664,124)

バッカー(支援者) 154人 | うち日本から -人
リアルタイムの支援金額&バッカー数はこちら

ステンドグラスで彩られた壁面や、繊細に描かれた天井画…といったパブリックイメージから一線を画す、モダニズム建築の教会を集めた写真集「Sacred Modernity (セイクレッド モダニティ)」がKickstarter (キックスターター)でローンチ。
教会と聞いて多くの人が思い浮かべるであろうイメージを、いい意味で真っ向から裏切る作品として注目を集めています! 撮影したのはオーストラリアのクリエイター、Jamie McGregor Smithさん。幼少期にたまたま手にしたカメラで廃坑を撮影したことをきっかけにカメラマンの道へ。現在は、ウィーンとロンドンを行ったり来たりしながら、主に建築や産業遺産、環境問題などをテーマに活動を続けているといいます。 1960年代のヨーロッパに誕生した、モダニズム建築の教会のみに着目した本書。
収められている写真には、ステンドグラスや天井画は一切なし! コンクリートやガラス、スチールを使用した教会の数々を、当時、奇抜だと捉える人もいたのではないかと思います。 事実「いずれも戦争を経て、未来に向かって力強く生きようとした若い建築家たちによって構想されたもの。この時代の美学は、今でもモダニストと伝統主義者の間で大きな議論を呼び起こし、現代のデザイナーや学者によって見直されているのです」とSmithさん。 賛否両論あれ、令和を生きる一個人としては「こんなにもモダンなフォルムの教会が、約60年も前にあったなんて!」と正直びっくり。若きクリエイターたちの挑戦的なアイデアには、感銘を受けずにいられません。 本書は最終的に176ページ、100点以上の写真を収録予定。
当時を思いながら眺めるもよし、建築やデザインに関わっている人にとっては、大きなヒントをもらえる作品と言えそう。

Kickstarterでは7月2日まで支援を受付中です。

(Otakeセレクト)

おすすめのリワード(リターン)
€36(約¥5,112)以上
のプレッジ(支援)額
Early Bird Sacred Modernity Book

リワードの詳細を見る
この記事に対するご意見・ご要望、訂正、お問い合わせなどはこちらから >
「Yasuyo Otake」 の記事一覧を見る >
「プロジェクト紹介」 記事一覧を見る >
「Instagram掲載プロジェクト」 一覧を見る >

RecommendedArticles_ おすすめ記事